ジョー・マレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョー・マレン(Joe Mullen 1957年2月26日- )はニューヨーク出身の元アイスホッケー選手。NHLセントルイス・ブルースカルガリー・フレームスピッツバーグ・ペンギンズボストン・ブルーインズの4チームで1980年から1997年まで現役生活を続けた。カルガリーでの1989年、ピッツバーグでの1991年、1992年と3回スタンレーカップ優勝を果たした。弟のブライアン・マレンも元NHL選手で息子のパトリック・マレンデンバー大学を卒業後、ロサンゼルス・キングスと契約した。

経歴[編集]

マンハッタンヘルズ・キッチンで生まれ育った[1]。1975年に奨学金を手にしてボストンカレッジに入った彼は1年目は700ドルを自己負担したが2年目からはフォワードとして活躍するようになり学費の自己負担は無くなった。1979年アイスホッケー世界選手権アメリカ代表に選ばれ8試合で7ゴールをあげる活躍を見せた。

1980年のレークプラシッドオリンピックのヘッドコーチ、ハーブ・ブルックスも彼の代表入りを期待していたが彼はセントルイス・ブルースにドラフト外で入団、氷上の奇跡を演じる一員にはならなかった。なお彼が代表入りを断ったのは父親が病にかかり家族がお金を必要としたためである。

1年目はセントルイス・ブルースのマイナー、ソルトレイクシティ・ゴールデンイーグルスで過ごしCentral Hockey Leagueの新人王に選ばれた。その後1980年のプレーオフの最中、1試合ブルースでプレーした。翌シーズンも大部分をマイナーで過ごしCHLの得点王、オールスターファーストチームに選ばれた。

1981-82シーズンにはブルースで45試合に出場し59ポイントをあげた。1986年にカルガリー・フレームスに移籍し1989年、1990年にはNHLオールスターゲームへの出場、1989年にはNHLオールファーストチームにも選ばれた。この年自身初のスタンレーカップ優勝を果たした。1990年に彼は33歳という年齢もありピッツバーグ・ペンギンズにドラフト2巡指名権と引換でトレードされた。彼の存在はペンギンズにとって大きなものとなりチームは1991年、1992年とスタンレーカップを連覇した。また1994年にはNHLオールスターゲームに再び選ばれた。1995-96シーズンをボストン・ブルーインズで過ごした後、1996-97シーズン、ピッツバーグ・ペンギンズに戻りそのシーズンで現役生活を終えた。

アメリカ代表としてカナダカップに1984年、1987年、1991年と出場、1995年にはアメリカアイスホッケー界への貢献者に与えられるレスター・パトリック杯を受賞した。引退した際、アメリカ人として初の500ゴール(通算502ゴール)、1,000ポイント(通算1,063ポイント)をあげた選手であった。

42歳となった彼は1999年アイスホッケー世界選手権で1試合だけプレーした。この年、世界選手権に現役NHL選手は出場できなかったのだがニール・ブローテンもこのチームでプレーしている。2000年に彼はホッケーの殿堂アメリカホッケー殿堂に選ばれた。

ペンギンズの伝説的なアナウンサー、マイク・ランゲによって彼は氷上での敏捷さ、強靱さから、 Slippery Rock Joe とあだ名を付けられた。このあだ名から彼はペンシルベニア州にあるスリッペリーロック大学出身だという誤解も生まれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Mullen brothers come long way from Hell's Kitchen"”. USAトゥデイ (1989年2月7日). 2010年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]