ジョージ・W・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・W・ジョーンズ
現職 政治家
所属政党 民主党

アメリカ合衆国上院議員
テンプレートを表示

ジョージ・ウォレス・ジョーンズ (George Wallace Jones, 1804年4月12日 - 1896年7月22日) は、アメリカ合衆国政治家。ミズーリ州の政治家、ジョン・スコットの義兄弟であり、ミシガン準州ウィスコンシン準州からの代表者およびアイオワ州選出の上院議員。

生い立ちおよび経歴[編集]

ジョーンズは1804年4月12日インディアナ州ヴィンセンスで生まれた。父親のジョン・ライス・ジョーンズオハイオ川北方に奴隷制度を導入するのに尽力した[1]。ジョージが6歳の時に父親は、ルイジアナ買収でアメリカ合衆国の領土となったミズーリ準州に家族と共に転居した[1]。幼かったジョージは米英戦争時には義勇兵中隊で太鼓手として太鼓をたたいた[2]。その後ケンタッキー州に転居、1825年にレキシントントランシルバニア大学に入学、続いてミズーリ州に戻り、兄弟と共に法律を勉強し、法律家となった[1]。法曹界入りした後、シンシナワ・マウンドに移動し、坑夫および店主となった。ミズーリに戻ると、1829年に17歳のジョセフィーヌ・グレゴアと結婚した[1]。1831年、ジョーンズは妻と7人の奴隷、数名のフランス人労働者と共にシンシナワに戻り、採掘業を再開した[1]

1832年にジョーンズはブラック・ホーク戦争に従軍し、ソーク族メスクワキ族と戦った。その後郡裁判所の裁判官となり、1835年3月4日からアメリカ合衆国第24議会選挙でミシガン準州の代表(Delegate)となった。ウィスコンシン準州がミシガン準州の一部から分裂する1837年3月3日まで代表となった。

参照[編集]

  1. ^ a b c d e John Carl Parish, "George Wallace Jones," pp. 4-10, 30 (Iowa City: Iowa St. Hist. Soc. 1912).
  2. ^ Benjamin F. Gue, "History of Iowa From the Earliest Times to the Beginning of the Twentieth Century," Vol. 4 (George W. Jones), pp. 146-47 (1902).

外部リンク[編集]

議会
先代:
ルシウス・リヨン
ミシガン準州選出下院議員
ミシガン準州

1835年3月4日 - 1837年3月4日
次代:
-
先代:
-
ウィスコンシン準州選出下院議員
ウィスコンシン準州

1837年3月4日 - 1839年1月14日
次代:
ジェームズ・D・ドーティ
議会
先代:
-
アイオワ州選出上院議員(第2部)
1848年12月7日 - 1859年3月4日
同職:オーガスタス・C・ドッジ, ジェームズ・ハーラン
次代:
ジェームズ・W・グライムズ
外交職
先代:
ジェームズ・B・ボウリン
ニューグレナダ担当大臣
1859年8月29日 - 1861年11月4日
次代:
アラン・W・バートン