ジョージ・イングル・フィンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・イングル・フィンチGeorge Ingle Finch1888年8月4日-1970年11月22日)はオーストラリア登山家であり化学者

彼はオーストラリアで生まれ、スイスのジュネーブ大学で物理科学を学んだ 。 フィンチは化学者であり、なおかつ優れた登山家であった。その技術はジョージ・マロリーはフィンチと組まない限り登山隊に関わることを拒む程であり、登山における酸素吸引の先駆者的役割を果たした。

1921年、エベレスト委員会によって組織された第一次エベレスト遠征隊にフィンチは選ばれたものの、健康状態を理由に降板する。 しかし、翌年の第二次エベレスト遠征隊にフィンチは再び選ばれる(フィンチを入れるよう、ジョージ・マロリーが強く主張したとされる)。 第二次遠征隊は三度の頂上アタックを行ったが全て失敗に終わる。フィンチは第二次アタックチームとして第一次アタックチームの達成した人類の最高到達高度の記録を8321mまで更新した。 この結果により、ジョージ・マロリーは酸素器具に対する認識を改めたとされる。フィンチは第三次アタックチームにも選ばれたものの、登山途中で雪崩が発生、七名のシェルパが犠牲となり、計画は破棄された。

1924年、第三次エベレスト遠征隊が組織されたものの、フィンチは離婚した際に不誠実だったという噂を根拠に選ばれなかった。これは、フィンチがオーストラリア人であるという、国籍を本質的な問題とした人選であったとされる。[1]

1931年、アルプスでフィンチの友人三人が命を落とし、それ以降フィンチは登山を止める。 1938年、英国王立地理学会に入会。 フィンチは熱心なスキーヤーであり、1908年にアルパインスキークラブの創立メンバーだった。 1959年から1961年までアルパイン・クラブ会長を務める。

息子は俳優のピーター・フィンチ

参考文献[編集]

  • ジェフリー・アーチャー、戸田裕之訳、『遥かなる未踏峰 』、新潮社、2011年