ジョン・メイエンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・メイエンドルフ英語: John Meyendorff, 1926年 - 1992年)は正教会神学者長司祭。教会実務においてはアメリカ正教会で渉外局長を務め、神学者としては聖ウラジーミル神学院で教授・学監を務めた。

メイエンドルフは俗名をイヴァン・フェオフィロヴィチ・バロン・フォン・メイエンドルフロシア語: Иван Феофилович барон фон Мейендорф)として、1926年フランスヌイイ=シュル=セーヌで亡命ロシア人の貴族の家に生まれた。フランス在住時代は、名はジャンフランス語: Jean)で通っていた。

フランスで神学校を卒業。1958年にはフランスで博士号を取得している。フランス在住時代、神学校で教会史の助教授を務めていた。

正教の司祭叙聖され、1959年ニューヨークの聖ウラジーミル神学院の教会史・聖師父学の教授に着任した。他大学でもビザンティン史を講じ、各種学会で議長を務めるなど、その活躍は同神学院にとどまらない。ノートルダム大学からは名誉博士号を授与された。

グリゴリオス・パラマス関連の翻訳・研究書をはじめとして、多くの著作があり、フランス語イタリア語オランダ語ギリシャ語スペイン語セルビア語ドイツ語日本語フィンランド語ポーランド語ロシア語など、多くの言語に翻訳されている。

1991年にはモスクワ総主教アレクシイ2世から第二等聖ウラジーミル勲章を受章した。

1992年6月30日に学長職を引退。1992年7月22日に永眠した。

著書[編集]

  • 『ビザンティン神学』鈴木浩訳 新教出版社 2009年

関連項目[編集]

出典:外部リンク[編集]