ジョン・ホープ (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ホープ(John Hope、1729年5月10日 - 1786年11月10日)は、スコットランドの医師、植物学者である。

生涯[編集]

エディンバラ外科医の息子に生まれた。曽祖父や祖父にスコットランドの法務総裁を務めたトーマス・ホープ卿(Sir Thomas Hope, 1st Baronet)やスコットランド最高裁判所(College of Justice)の所長を務めたアーチボルド・ホープ(Archibald Hope, Lord Rankeillour)がいる。エディンバラ大学で医学を学び、ベルナール・ド・ジュシューのもとで植物学をパリ大学で学ぶが、スコットランドに戻りグラスゴー大学で1750年にMDを得た。

その後、10年間ほど、医師をしながら余暇に植物学の研究に熱中した。 1760年にチャールズ・アルストンの死ぬと、国王付植物学者(King's Botanist)とエジンバラ大学の植物学、薬草学の教授職(Professor of Botany and Materia Medica)を継いだ。薬草学の分野の業務が植物学の研究を妨げるために、あらたに薬草学の教授職を新設し、自らは医学と植物学の教授に就任した。

1783年に、トリニティ・ホスピタルとホリールードの植物園コレクションを統合し、運営資金を得ることに成功し、エディンバラ王立植物園(Royal Botanic Garden Edinburgh)を創立した。自らは学術論文を発表することは少なかったが、植物生理学の実験をおこなった。研究成果は講義で披露されたが、書物にされることはなく、没後何年もたってから、未発表の草稿が発見された。

1767年に王立協会に会員に選ばれ、1784年から1786年の間エディンバラの王立医学校(Royal College of Physicians of Edinburgh)の学長を務めた。

References[編集]

  • Waterston, Charles D; Macmillan Shearer, A (July 2006). Former Fellows of the Royal Society of Edinburgh 1783-2002: Biographical Index. I. Edinburgh: The Royal Society of Edinburgh. ISBN 978-0-902198-84-5. Retrieved 19 June, 2011.
  • Balfour, Isaac Bayley (1913). "A sketch of the Professors of Botany in Edinburgh from 1670 until 1887". In Oliver, Francis Wall (ed.). Makers of British Botany. Cambridge University Press.
  • "Library and Archive Cataloue". Royal Society.Retrieved 20 November 2010.
  • "Author Query". International Plant Names Index. http://www.ipni.org/ipni/authorsearchpage.do.