ジョン・ドリュー・バリモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ドリュー・バリモア
John Drew Barrymore
John Drew Barrymore
アン・ヘルム(左)、ジョン・ドリュー・バリモア(右)
本名 John Sidney Blythe Barrymore Jr.
別名 ジョン・バリモア・ジュニア
生年月日 1932年6月4日
没年月日 2004年11月29日(満72歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス
死没地 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 映画、テレビ
配偶者 カーラ・ウィリアムズ(1952年 - 1959年)
ガブリエラ・パラッツォーリ(1960年 - ?)
ジャイド・バリモア(1971年 - 1984年)
ニナ・ウェイン(1985年 - 1994年)
家族 ジョン・バリモア(父)
ドロレス・コステロ(母)
ライオネル・バリモア(伯父)
エセル・バリモア(伯母)
ドリュー・バリモア(娘)

ジョン・ドリュー・バリモア(John Drew Barrymore、1932年6月4日 - 2004年11月29日)はアメリカロサンゼルス出身の俳優。デビュー当初はジョン・バリモア・ジュニアと名乗っていた。

女優ドリュー・バリモアの父として知られる。

父親はサイレント期から活躍した映画スターの一人であるジョン・バリモア、母親はその3番目の妻である女優のドロレス・コステロ。オスカー俳優であるライオネル・バリモアエセル・バリモアを伯父・伯母に持つなど、家族や親戚の多くが俳優という芸能名家に生まれた。

名門「バリモア」を名乗りながらも、その名前に見合うほどの実績を遺せないまま亡くなったが、テレビでの活躍を認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれている。

来歴[編集]

1932年ロサンゼルスで生まれる。姉が1人、異母姉が1人いる。1934年に両親が離婚し、母親の下で育てられる。1942年に父親がアルコール中毒で落ちぶれた末に失意と貧困の中で死去する。父親と会った記憶は1度切りだった。第二次世界大戦中は年齢を偽って海軍に入隊する。

17歳の時、俳優の仕事をして欲しくなかった(大学に進学して欲しかった)母親に反発して映画会社と契約する。しかし、端役から地道に演技を学ぶことを嫌がり、いきなり主演でのデビューを希望しておきながら、途中で逃げ出すなどの問題を起こす。更に泥酔しての乱行や妻への暴行などによる逮捕を繰り返す。

1958年に芸名をジョン・ドリュー・バリモア[1]に変え、心機一転をはかる。その後、何本かの映画に主演。またテレビドラマにも出演するが、問題行動が直ることはなく、結局、父親と同じように落ちぶれることとなる。

2003年に浮浪者にまで落ちぶれていたところを、それまで疎遠だった娘のドリュー・バリモアが引き取り、治療費などの面倒を看る。その後、2004年に癌で死去。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミドルネームの「ドリュー(Drew)」は父方の祖母ジョージアナ・ドリュー(en:Georgiana Drew)の姓と同じである。

外部リンク[編集]