ジョン・トゥービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・トゥービーJohn Tooby)はアメリカ合衆国人類学者心理学者である妻レダ・コスミデスと共に進化心理学のパイオニアとなった[1][2]

トゥービーは1989年にハーバード大学から博士号を取得し、現在はカリフォルニア大学サンタバーバラ校で人類学教授を務めている。

1992年にレダ・コスミデス、ジェローム・バーコウと共に『The Adapted Mind|The Adapted Mind: Evolutionary Psychology and the Generation of Culture』を編集した。サンタバーバラ校でトゥービーはコスミデスと共に進化心理学センターを運営している。

主要な出版物[編集]

書籍[編集]

  • Barkow, J., Cosmides, L. & Tooby, J., (Eds.) (1992). The adapted mind: Evolutionary psychology and the generation of culture. New York: Oxford University Press.
  • Tooby, J. & Cosmides, L. (in press). Evolutionary psychology: Foundational papers. Cambridge, MA: MIT Press.
  • Cosmides, L. & Tooby, J. (in press). Universal Minds: Explaining the new science of evolutionary psychology(Darwinism Today Series). London: Weidenfeld & Nicolson.

論文[編集]

  • Cosmides, L. & Tooby, J. (1987). From evolution to behavior: Evolutionary psychology as the missing link. In J. Dupre (Ed.), The latest on the best: Essays on evolution and optimality. Cambridge, MA: The MIT Press.
  • Tooby, J. & Cosmides, L. (1990). The past explains the present: Emotional adaptations and the structure of ancestral environments. Ethology and Sociobiology, 11, 375-424.
  • Cosmides, L. & Tooby, J. (1992) Cognitive adaptations for social exchange. In J. Barkow, L. Cosmides, & J. Tooby (Eds.), The adapted mind: Evolutionary psychology and the generation of culture. New York: Oxford University Press.
  • Cosmides, L. & Tooby, J. (1994). Beyond intuition and instinct blindness: Toward an evolutionarily rigorous cognitive science. Cognition, 50(1-3), 41-77.
  • Cosmides, L. & Tooby, J. (2003). Evolutionary psychology: Theoretical Foundations. In Encyclopedia of Cognitive Science. London: Macmillan.
  • Tooby, J. & Cosmides, L. (2005). Evolutionary psychology: Conceptual foundations. In D. M. Buss (Ed.), Evolutionary Psychology Handbook. New York: Wiley.

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デイビッド・バス, in the textbook Evolutionary Psychology (Allyn & Bacon, 1999), pp. xxi-xxii: "「本書を執筆するにあたって、私はレダ・コスミデス、ジョン・トゥービー、ドン・サイモンズ、マティン・デイリーとマーゴ・ウィルソンら進化心理学分野のパイオニアと創設者から大きな知的恩恵を受けている」
  2. ^ ジェフリー・ミラー, 「我々のメタ理論を適用して置く方法:コスミデス、トゥービー、ラカトシュを越えて」Psychological Inquiry 11:1 (2000), p. 42:「若い科学だった進化心理学は10年を経てようやく非常に強いメタ理論的なコンセンサスを得た。......進化心理学のメタ理論はさらに1980年代後半と1990年代前半の適応主義がどのように人間の心に適用できるかを示したコスミデスとトゥービーの野心的で、説得力があり、洞察に富んだ一連の論文で洗練されもした。進化心理学のトゥービー=コスミデスのビジョンは他の主要な研究者(例えばバスキーゲレンツァーピンカーソーンヒル)に深い影響を与えた。それはまた進化心理学のもっとも影響力があるポピュラーな判断の、概念的なフレームワークとして受け入れられた

外部リンク(英語)[編集]

ウェブサイト

記事、メディア