ジョセフ・マーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョセフ・マーフィーJoseph Murphy, 1898年5月20日 - 1981年12月15日)は、米国で活動したアイルランド出身の宗教者、著述家。ニューソート派に属し、主に牧師として活動した。

潜在意識を利用することによって自らや周りの人さえも成功、幸福へと導く「潜在意識の法則」を提唱した。関連著作は自己啓発書として広く流通している。ニューソート関係の思想家では、もっとも愛好された人物のひとりである。

日本には渡部昇一(大島淳一)や島津幸一(しまずこういち)によって、産業能率大学出版部や三笠書房出版を通して紹介された[1]。なお、いわゆる「マーフィーの法則」とは関係ない(こちらはマーフィー・アメリカ空軍大尉によって唱えられたもの)。

略歴[編集]

アイルランドイギリスで教育を受ける。著書の記述によると、父は学校の校長だった。

幼年時、末の妹エリザベスが祖母の急死を幻視するという体験をしたことが、現実を超えた世界への関心を呼び起こした。少年時代は、イエズス会の会員であったという。

青年時代、サルコーマという悪性腫瘍を患ったが、フィニアス・クインビーなどが用いた「潜在意識への呼びかけ」による心理的療法によって、完治したという自身の経験が、彼の思想形成の出発点となった。

その後、ロサンゼルスのディヴァイン・サイエンス教会において、牧師職をつとめ、28年にわたり活動した。

妻によれば、その生活は簡素で、もっぱら仕事と読書に費やされていたという。

思想[編集]

フィニアス・クインビーエメット・フォックスラルフ・ウォルドー・トラインウィリアム・ジェームズラルフ・ワルド・エマーソンなどの先行の思想家の影響が、随所に認められる。特にアーネスト・ホームズなどの影響を強く受けたという。

聖書の「処女懐胎」「天国、地獄」「復活」などの奇跡を否定、聖書は寓意的な比喩によって記述されていると述べる。

東洋思想にも造詣が深く、独自にの研究なども行った。

成功の秘訣は、

  1. 建設的に考えること
  2. 楽しい想像をする習慣
  3. (自信をもって)祈ること
  4. 行動すること

(『マーフィー博士 最後のことば』)

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 島津は同大学の社会人向け教育部門の研修・セミナーや、自ら主催した自己啓発セミナーマインド・コントロールの手法にも利用した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]