自己啓発書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自己啓発書(じこけいはつしょ)とは、人間の能力向上や成功のための手段を説く書籍のこと。

概要[編集]

1902年に発売されたジェームズ・アレンの『「原因」と「結果」の法則』がそのルーツと指摘されることが多い[要出典]

道は開ける』(日本国内で200万部以上の販売)、『人を動かす』(日本国内で400万部以上、全世界で1500万部以上の販売)、『7つの習慣』(日本国内で100万部以上、全世界で1000万部以上の売り上げ)、『思考は現実化する』(全世界で3000万部以上の売り上げ)、『小さいことにくよくよするな!』(全米で500万部以上の販売、世界135ヶ国で出版)など、世界各地でベストセラー・ロングセラーになっている本も多数存在する。

有名な自己啓発書[編集]

自己啓発書で有名な人物[編集]

自己啓発書の出版社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]