ジョサイア・クィンシー (6世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョサイア・クィンシー(Josiah Quincy, 1859年10月15日 - 1919年9月8日)は、アメリカ合衆国政治家1893年3月から9月まで第19代アメリカ合衆国国務次官補を、1895年から1899年まで第35代ボストン市長を務めた。

生涯[編集]

1859年10月15日、クィンシーはマサチューセッツ州クィンシーにおいて、弁護士ジョサイア・クィンシーとヘレン・ファニー・ハンティントン (Helen Fanny Huntington) の長男として誕生した。

クィンシーは1887年から1888年まで、および1890年から1891年までマサチューセッツ州下院議員を務めた。クィンシーは1891年から1892年まで、および1906年に民主党マサチューセッツ州代表を務めた。クィンシーは1895年から1899年までボストン市長を務めた。クィンシーは1901年マサチューセッツ州知事の候補者となった。クィンシーは1917年にマサチューセッツ州憲法制定会議の代表を務めた。クィンシーは1917年マサチューセッツ州検事総長の候補者となった。

クィンシーは1900年2月17日にエレン・フランシス・クレブス (Ellen Frances Krebs) と結婚した。2人の間には1903年にエドモンド・クィンシー (Edmond Quincy) が生まれたが、まもなくエレンに先立たれた。クィンシーは1905年にメアリー・ハニー (Mary Honey) と再婚した。クィンシーは1919年9月8日にマサチューセッツ州ボストンで死去した。

公職
先代:
ウィリアム・ウォートン
アメリカ合衆国国務次官補
1893年3月20日 - 1893年9月22日
次代:
エドウィン・ウール
先代:
エドウィン・カーティス
ボストン市長
1895年 - 1899年
次代:
トマス・ハート