ジューン・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジューン・アンダーソンJune Anderson, 1952年12月30日 - )は、パリ在住のアメリカ合衆国コロラトゥーラソプラノ歌手。

マサチューセッツ州ボストン出身。コネチカット州に育ち、11歳で声楽を始め、17歳のとき、メトロポリタン歌劇場オーディションの最終選考に残った最年少記録を作る。

イェール大学フランス語により学位を取得し、その後に声楽で身を立てることを決意する。2年を限度と定めて数々のオーディションを受験、万一挫折した場合はロースクールに進学するつもりであった。念願かなって1978年にニューヨーク・シティ歌劇場において、モーツァルトの《魔笛》の夜の女王役でデビューを果たす。1982年イタリアにおいて、ロッシーニの《セミラーミデ》のタイトル・ロールによってヨーロッパ・デビューを飾る。その後は世界各地の主要な歌劇場に出演を続け、録音活動にも積極的に取り組んでいる。

元はベッリーニドニゼッティを得意とするベル・カント歌手として名を馳せたが、努力の末に首尾よくレパートリーを拡げ、オペレッタや、リヒャルト・シュトラウス楽劇と管弦楽伴奏歌曲も得意とするようになった。やや太めのよく通る声と、繊細な表情付けが特徴的。