ジャン=マリー・ロンデックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=マリー・ロンデックスJean-Marie Londeix, 1932年9月20日 - )は、フランスクラシックサクソフォーン奏者。

人物[編集]

ジロンド県リブルヌに生まれ、パリ音楽院で有名なサクソフォーン奏者マルセル・ミュール[1]らに師事してサクソフォーンを学んだ。その後、ディジョンの音楽院でサクソフォーンの講師を18年間務め、1971年からはボルドーの国立音楽院の教授を務めており、アメリカ合衆国などの音楽学校で教鞭を執ることもある。また、「フランス・サクソフォーン奏者協会」("French Saxophonists Association")や「国際サクソフォーン委員会」("International Saxophone Committee")などの団体を設立している。

100曲を超える楽曲がロンデックスに献呈されており、また彼自身はいくつかの教育的著書を刊行している。ロンデックスは国際的なサクソフォーン奏者の草分けといえる人物であり、世界各地のコンサートホールで初めてのソロ・サクソフォーン演奏を行っている。

出典[編集]

  1. ^ Sax, Mule & Co, ジャン=ピエール・ティオレ (Jean-Pierre Thiollet), H & D, 2004, 216. ISBN 2 914 266 03 0


関連項目[編集]