ジャン=ジョエル・バルビエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン=ジョエル・バルビエ(Jean-Joel Barbier,1920年3月25日 - 1994年6月1日) は、フランス生まれのピアニストである。

エリック・サティの演奏と研究の第一人者と言われ、サティの作品を純粋に音楽として扱おうと、確固たる姿勢を貫いている。

来歴[編集]

1920年にベルフォールで生まれ、文学を学ぶかたわらラザール・レヴィに師事してピアノを学んだ。しかし、第二次世界大戦の勃発によって学業は中断した。

バルビエは多作な著述家であり、1961年にはフランス音楽家辞典を出版した。ピアニストとしては、クロード・ドビュッシーエマニュエル・シャブリエデオダ・ド・セヴラックなどのフランスの作曲家の作品を主に演奏した。後にサティが遺した全ピアノ曲の録音に取り組み、それがバルビエの業績の中で一番名高いものとなった。

なお、ジョルジュ・バルビエという名のフランスのイラストレーターと間違えられやすいが、他人である。

文献[編集]

  • 『サティとピアノで』ジャン=ジョエル・バルビエ著 相良憲昭訳
  • ◎銀璧亭◎
  • フランス版Wikipédia Jean-Joël Barbier
  • amazon

日本語版CD[編集]

  • 『エリック・サティ/決定版』-1993年11月13日発売 ジャン=ジョエル・バルビエ《4手連弾》 ジャン・ウイエネ
  • 『エリック・サティ作品集』-1995年6月28日発売 ジャン=ジョエル・バルビエ《4手連弾》 ジャン・ウイエネ
  • 『エリック・サティ作品集』-1995年11月16日発売 ジャン=ジョエル・バルビエ《4手連弾》 ジャン・ウイエネ
  • 『TWINBEST エリック・サティ作品集』-1998年12月2日発売 ジャン=ジョエル・バルビエ《4手連弾》ジャン・ウィエネ 
  • 『エリック・サティ作品集』-1999年7月7日発売 ジャン=ジョエル・バルビエ《4手連弾》 ジャン・ウィエネ