デオダ・ド・セヴラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デオダ・ド・セヴラック
Déodat de Séverac
}
基本情報
出生 1872年7月20日
フランスの旗 フランス、サン=フェリックス=ドゥ=カラマン
死没 1921年3月24日(満48歳没)
フランスの旗 フランスセレ
職業 作曲家

マリ=ジョゼフ=アレクサンドル・デオダ・ド・セヴラックMarie-Joseph-Alexandre Déodat de Séverac, 1872年7月20日 オート=ガロンヌ県サン=フェリックス=ドゥ=カラマン – 1921年3月24日 ピレネー=オリアンタル県セレ)はフランス作曲家で、郷里ラングドックの伝統音楽に深く根付いた作品を創作し、クロード・ドビュッシーから「良い香りのする音楽」「土の薫りのする素敵な音楽」と好意的に評された。

生涯と作風[編集]

スペイン貴族に連なる旧家に生まれる。地元のトゥールーズを去ってパリに行き、パリ音楽院に対抗して設立されたスコラ・カントルムに入学して、ヴァンサン・ダンディアルベリク・マニャールに作曲を、アレクサンドル・ギルマンオルガンを師事する。イサーク・アルベニスの助手を務めるとともにその個人指導を受けた。その際、アルベニスの未完の絶筆《ナバーラ》を補筆している。アルベニスの死後、南仏に戻った。

歌曲合唱曲の作品で知られるが、ポール・ヴェルレーヌシャルル・ボードレールによるフランス語の詩のほかに、プロヴァンス語カタルーニャ語の詩にも曲付けした。より個性的なピアノ独奏曲も高い評価を勝ち得ており、曲や曲集は、《ラングドックにて En Languedoc 》や《沐浴する娘たち Baigneuses au soleil 》というように、情景喚起的な題名が添えられている。人気のある作品の例は《古いオルゴール The Old Musical Box 》だが、傑作は、ラングドックの郷里色ゆたかな組曲《セルダーニャ》(1904年1911年)である。歌劇《風車の心 Le Cœur du moulin 》は1909年12月8日にパリのオペラ=コミック座で、《ヘリオガバルス Héliogabale 》は1910年ベジエで初演されている。

主要作品[編集]

  • ピアノ曲
大地の歌 Le Chant de la terre (1900年)
ラングドックにて En Languedoc(1904年)
沐浴する娘たち Baigneuses au soleil (1908年)
セルダーニャ Cerdaña (1904年-1911年)
ヴァカンスにて 第1集 En vacances (1912年)
1 シューマンへの祈り Invocation à Schumann
2 お祖母様が撫でてくれる Les caresses de Grand'-maman
3 小さなお隣さんたちが訪ねてくる Les petites voisines en visite
4 教会のスイス人に扮装したトト Toto déguisé en Suisse d'église
5 ミミは侯爵夫人の扮装をする Mimi se déguise en "Marquise"
6 公園でのロンド Ronde dans le parc
7 古いオルゴールが聞こえるとき Où l'on entend une vieille boîte à musique
8 ロマンティックなワルツ Valse romantique
夾竹桃の樹の下で Sous les lauriers roses (1918年)
ヴァカンスにて 第2集(1921年)
1.ショパンの泉 La Fontaine de Chopin
2.鳩たちの水盤 La Vasque aux Colombes
3.二人の騎兵 Les Deux Mousquetaires
  • 劇音楽
2幕の抒情詩《風車の心 Le Cœur du moulin, poème lyrique》 (1908年)
3幕の抒情悲劇《ヘリオガバルス Héliogabale, tragédie lyrique》 (1910年)
  • 芸術歌曲
歌曲《山の夜明け À l'aube dans la montagne 》(1906年)
歌曲集《オクシタニーの花々 Flors d'Occitania 》(1912年)

関連書物[編集]

  • 椎名亮輔『デオダ・ド・セヴラック — 南仏の風、郷愁の音画』(アルテスパブリッシング、2011/9、第21回吉田秀和賞受賞)ISBN-10: 4903951464、ISBN-13: 978-4903951461

外部リンク[編集]