ジメチルスルホニオプロピオナート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジメチルスルホニオプロピオナート
DMSPの構造式
別名 ジメチル-β-プロピオテチン
DMSP
分子式 C5H10O2S
分子量 134.04
CAS登録番号 [7314-30-9]

ジメチルスルホニオプロピオナート(dimethylsulfoniopropionate、略称 DMSP)は有機硫黄化合物スルホニウムの一種である。ミズゴケプランクトンなどが作る物質で、硫酸塩エアロゾルと有機エアロゾルに変わり、雲を発生させる。示性式は (CH3)2S+CH2CH2COO

化学的に不安定なため、ジメチルスルフィド (DMS) やメタンチオールに分解し、それぞれがエアロゾルとなり、上空でができやすくなる。これは、水田・海・湿地などの植物や植物プランクトンが作ることがわかっている。また、雲は太陽光を反射し、地球温暖化を減速させることができるとされ、近年研究が進められている。