ジェームス・クラフツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・クラフツ

ジェームズ・メイソン・クラフツ(James Mason Crafts, 1839年3月8日1917年6月20日)はアメリカ合衆国化学者1877年シャルル・フリーデルと共にフリーデル・クラフツ反応を開発したことで知られる。

マサチューセッツ州ボストンに生まれ、1858年ハーバード大学を卒業した。博士号を取得することはなかったが、ドイツで3年間、ついでパリ1865年まで化学を学んだのちアメリカに戻り、1868年ニューヨーク州イサカで新しく設立されたコーネル大学で初めての教授に就任した。イサカの冬があまりにも厳しすぎたためマサチューセッツ工科大学に移り、1897年から1900年までの間学長を務めた。