ジェイムズ・ヘリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェイムズ・ヘリオットJames Herriot, 1916年10月3日1995年2月23日)はイギリスの作家、獣医。本名はジェイムズ・アルフレッド・ワイト(James Alfred Wight)。

イギリススコットランドサンダーランド生まれで、生後すぐにグラスゴーに移り、その地で育つ。父は映画館のピアノ奏者、母は歌手だった。1939年にグラスゴー獣医大学を卒業する。

1940年に、ノースヨークシャーの田舎町・サースクに赴いて獣医となり、以降、生涯をその地でおくる。なお、第二次大戦中は、英空軍に参加していた。

1970年、54歳にして、自身が獣医になったばかりの頃の体験を小説化した、自伝的作品『ヘリオット先生奮戦記』(原題:All Creatures Great and Small)の、前半部分をイギリスで刊行。この時点の刊行部数は1500部だった。

1972年、後半部分(自身が結婚するまで)がイギリスで刊行され、アメリカの大手出版社セント・マーティンズ・プレスが2冊を合本として出版したところ、その暖かな人柄を表すユーモラスな文体と、人情味あふれる「古きよき」田舎町での、素朴で個性的な人々と動物たちの描写により、世界的なベストセラーとなる。

以降も、自身の体験を元にした自伝的な作品を続けて発表し、人気を博した。また、イギリスでは『ヘリオット先生奮戦記』がBBCによりテレビドラマ化され、これもヒット作品となった。

1995年、前立腺癌のため78歳で死去。死後も、生前の著作からセレクトした本が刊行され、現在でも世界中に愛読者がいる。

翻訳された著書[編集]

  • 頑張れヘリオット 大橋吉之輔訳 文化放送開発センター出版部, 1975(文庫化時に、『ヘリオット先生奮戦記』と改題、ハヤカワ文庫)
  • わが動物讃歌 ヨークシャー谷に生きる獣医の記録 中川志郎監訳 徳間書店, 1978.5(文庫化時に、『ヘリオット先生の動物家族』と改題、ちくま文庫)
  • Dr.ヘリオットのおかしな体験 池沢夏樹訳 集英社, 1978.12 のち文庫
  • ドクター・ヘリオットの愛犬物語 畑正憲,ジェルミ・エンジェル訳 集英社, 1988.6 のち文庫『ドクター・ヘリオットの愛犬物語』(上)
  • ドクター・ヘリオットの愛犬物語2 畑正憲,ジェルミ・エンジェル訳 集英社, 1989.11 のち文庫『ドクター・ヘリオットの愛犬物語』(下)
  • ドクター・ヘリオットの生きものたちよ 大熊栄訳 集英社, 1993.12
  • ドクター・ヘリオットの猫物語 大熊栄訳 集英社, 1995.11 のち文庫
  • ドクター・ヘリオットの犬物語 大熊栄訳 集英社, 1997.12 のち文庫
  • ドクター・ヘリオットの動物物語 大熊栄訳 集英社文庫, 2002.12
  • ドクター・ヘリオットの毎日が奇跡 上下 大熊栄訳 集英社文庫, 2004.3
  • 私のヨークシャー 谷山幸子 山と渓谷社 2004

伝記[編集]

  • ジム・ワイト『ドクタ-・ヘリオットの素晴らしい人生』上下 大熊栄訳 集英社 2006.9

外部リンク[編集]