シンナミルアルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンナミルアルコール
識別情報
CAS登録番号 104-54-1 チェック
ChemSpider 21105870
KEGG C02394
特性
化学式 C9H10O
モル質量 134.17 g/mol
密度 1.0397 g/cm3 at 35 °C
融点

33 °C

沸点

250 °C

危険性
MSDS External MSDS
関連する物質
関連物質 桂皮酸シンナムアルデヒド
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シンナミルアルコール(cinnamyl alcohol)は、蘇合香ペルーバルサムシナモンエステル型として存在する有機化合物である。桂皮アルコール などとも呼ばれる。純粋なものは白色の結晶であるが、微量の不純物があると黄色の油状となる。蘇合香の加水分解によって得られる。

シンナミルアルコールはヒアシンスの芳香を持つため、香水デオドラントに使われている。

シンナミルアルコール類であるp-ヒドロキシシンナミルアルコール(p-クマリルアルコール)、コニフェリルアルコールシナピルアルコールモノリグノールとよばれ、リグニンの前駆体である。

安全性[編集]

シンナミルアルコールは人によってアレルギー反応を引き起こすことがある[1]

脚注[編集]

  1. ^ Survey and health assessment of chemical substances in massage oils

参考文献[編集]

  • Merck Index, 11th Edition, 2305.