シャーリー・マウント・ハフステッドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャーリー・マウント・ハフステッドラー

シャーリー・マウント・ハフステッドラー(Shirley Mount Hufstedler, 1925年8月24日 - )は、アメリカ合衆国政治家裁判官ジミー・カーター政権で初代教育長官を務めた。

生涯[編集]

コロラド州デンバー生まれ。1945年にニューメキシコ大学を卒業し、1949年にスタンフォード・ロー・スクールを卒業した。1950年にカリフォルニア州で弁護士として認可を受け、ロサンゼルスで弁護士業を開業。1961年まで営んだ。

1960年から1961年までカリフォルニア州検事総長シャーリー・モスクの特別法律顧問を務めた。1961年に弁護士業および特別法律顧問を退き、ロサンゼルス郡上級裁判所判事となった。1966年にカリフォルニア州控訴裁判所の陪席判事に転じ、1968年まで務めた。

1968年7月17日、リンドン・ジョンソン大統領から連邦第9巡回区控訴裁判所の判事として指名を受けた。9月12日に上院の承認を受け、9月12日に就任の宣誓をした。ハフステッドラーは1979年12月5日に判事を辞任した。

ジミー・カーター政権において、1979年から1981年まで教育長官を務めた。

1981年に公職を退き、カリフォルニア州ロサンゼルスで弁護士業に復帰した。また、カリフォルニア大学アイオワ大学バーモント大学において客員教授を務めた[1]。1982年にはスタンフォード・ロー・スクールで法学の教授を務めた。

注釈[編集]

  1. ^ American President: Shirley Hufstedler (1980 - 1981)(英語) - Miller Center Public Affairs, University of Virginia.

外部リンク[編集]

公職
先代:
-
アメリカ合衆国教育長官
1979年11月30日 - 1981年1月20日
次代:
テレル・ハワード・ベル