リチャード・ウィルソン・ライリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ライリー
Richard Riley Official Departament of Education Photo.jpg
生年月日 1933年1月2日(81歳)
出生地 サウスカロライナ州グリーンビル郡
出身校 ファーマン大学
サウスカロライナ大学
所属政党 民主党
配偶者 アン・ヤーボロー・ライリー

第111代
任期 1979年1月10日 - 1987年1月14日

第6代
任期 1993年1月21日 - 2001年1月20日
元首 ビル・クリントン
テンプレートを表示

リチャード・ウィルソン・ライリーRichard Wilson Riley, 1933年1月2日 - )は、アメリカ合衆国政治家民主党に所属し、サウスカロライナ州知事アメリカ合衆国教育長官を務めた。

生い立ちと初期の経歴[編集]

リチャード・ウィルソン・ライリーは1933年1月2日にサウスカロライナ州グリーンヴィル郡において誕生した。ライリーはグリーンヴィル高校を1950年に卒業し、1954年にファーマン大学を卒業した。ライリーは1954年から1955年までアメリカ合衆国海軍に所属し、掃海艇の通信士官を務めた。退役後は法律を学び、1956年まで連邦上院司法委員会で顧問を務めた。1956年からは父親が経営する法律事務所で働き、主にグリーンビルシンプソンビルを活動範囲とした。1959年、ライリーはサウスカロライナ大学法科大学院を卒業した。

ライリーは1962年にサウスカロライナ州下院議員に選出された。ライリーは1963年から1966年までサウスカロライナ州下院議員を務めた。ライリーは1967年から1976年までサウスカロライナ州上院議員を務めた。1978年サウスカロライナ州知事選挙において、ライリーは民主党の候補者の1人として名前を挙げられた。民主党内での議論の結果、民主党はライリーを公認候補として擁立した。ライリーは1978年11月の本選挙において、共和党候補エドワード・ヤングと戦った。ライリーは総投票数の61.4パーセントの票を獲得し、第111代サウスカロライナ州知事に当選した、

サウスカロライナ州知事[編集]

ライリーは1979年1月10日にサウスカロライナ州知事に就任した。ライリーは1980年の憲法改正を経て、新憲法下で実施された1982年サウスカロライナ州知事選挙で再選を果たした。ライリーは1987年1月まで、サウスカロライナ州知事を2期8年務めた。ライリーはサウスカロライナ州知事在任中、サウスカロライナ州内における核廃棄物の輸送を監視する核査察機関を創設した。これは1979年3月に発生したスリーマイル島原子力発電所事故を受けての対応であった。またライリー政権下の1983年、サウスカロライナ州上院において最初の黒人議員が誕生した。また1985年にはサウスカロライナ州最高裁判所に最初の有色人種判事が誕生した。ライリーはサウスカロライナ州政府において、環境問題と教育に注力した。

その後の経歴[編集]

ライリーはサウスカロライナ州知事を退任後、ビル・クリントン政権で教育長官に任命された。ライリーは1993年から2001年まで教育長官を務めた。教育長官退任後は弁護士として活動した。ライリーはまた、カーネギー財団理事、ファーマン大学教授、ライリー研究所顧問を務めた。

参考文献[編集]

  • Governors of the American States, Commonwealths and Territories. National Governors' Conference, 1986.

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジェイムズ・バロウズ・エドワーズ
サウスカロライナ州知事
1979年1月10日 - 1987年1月14日
次代:
キャロル・アッシュモア・キャンベル
先代:
アンドリュー・ラマー・アレクサンダー
アメリカ合衆国教育長官
1993年1月21日 - 2001年1月20日
次代:
ロデリック・レイナー・ペイジ