シャン=シュル=マルヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Champs-sur-Marne
Blason ville Fr Champs sur Marne (77).svg
Champs-sur-Marne - Church - 2.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) セーヌ=エ=マルヌ県
(arrondissement) トルシー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 77083
郵便番号 77420
市長任期 Maud Tallet
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Syndicat d'agglomération nouvelle du Val-Maubuée
Ville Nouvelle de Marne-la-Vallée
人口動態
人口 24,105人
2008年
人口密度 3 280人/km²
住民の呼称 Campésiens/Champesois
地理
座標 北緯48度51分10秒 東経2度36分10秒 / 北緯48.852884度 東経2.60273度 / 48.852884; 2.60273座標: 北緯48度51分10秒 東経2度36分10秒 / 北緯48.852884度 東経2.60273度 / 48.852884; 2.60273
標高 平均:m
最低:38m
最高:106m
面積 7.35km²
Champs-sur-Marneの位置(フランス内)
Champs-sur-Marne
Champs-sur-Marne
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

シャン=シュル=マルヌChamps-sur-Marne)は、フランスイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県コミューン

中規模都市で、実際にコミューン面積の約50%が緑地と水辺という、快適な環境を保っている。17世紀から18世紀にかけ再建されたシャン=シュル=マルヌ城には、かつてポンパドゥール夫人が暮らしていた。

地理[編集]

パリから約20km離れている。

グラース森やグランジュ森といった森林、マルヌ川沿いの田園、シャン=シュル=マルヌ城庭園がコミューンを快適にしている。加えて、多くの池が点在する。

交通[編集]

  • 道路 - A4の10インターチェンジ。パリ、ポルト・ド・ベルシーより約20分。
  • 鉄道 - RER A線ノワジー=シャン駅

歴史[編集]

Champsとは、聖モールおよび聖フュルシーが7世紀に建てたCampus教会の名に由来する。11世紀から12世紀、マルヌー村からの移住者がこの地に移り住み、シャン教区が誕生した。

1726年、ルイ15世ノワジー=ル=グランやシャン=シュル=マルヌを含む男爵領を所有した。城の庭園を整備したのは彼の息子である。

1755年、城はヴァリエール公爵の所有となった。1892年、銀行家ダンヴェールが城を購入し建物と庭園を再建した。1935年、ダンヴェール家は城と庭園をフランス政府に売却した。

1965年のマルヌ=ラ=ヴァレ創設後、シャン=シュル=マルヌの人口も増加した。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
3 793 4 446 5 095 16 739 21 611 24 553 24 499

[1]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Champs-sur-Marne Notice Communale