シャルロッテ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルロッテ・フリーデリケ

シャルロッテ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルクCharlotte Friederike Herzogin zu Mecklenburg [-Schwerin], 1784年12月4日 ルートヴィヒスルスト - 1840年7月13日 ローマ)は、ドイツメクレンブルク=シュヴェリーン大公家の一員で、デンマーク王クリスチャン8世の最初の妃。夫の即位以前に離婚し、王妃にはなれなかった。

メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ1世とその妻でザクセン=ゴータ=アルテンブルク公子ヨハン・アウグストの娘であるルイーゼの間の第3子、次女として生まれた。1806年6月21日にルートヴィヒスルストにおいて、従兄にあたるデンマーク王子クリスチャンと結婚した。夫妻の間には2人の息子が生まれたが、非常に不仲で、1810年3月には離婚した。

シャルロッテは夫によってアルトナへ追い払われ、ユトランド半島でしばらく暮らしたのち、1830年にイタリアヴィチェンツァに移住してカトリックに改宗した。1833年よりローマに住んでサロンを主宰し、ローマ在住のデンマーク人たちの間の中心的な存在となった。長く患ったあと、1840年にローマで死去し、ローマのドイツ人教会カンポ・サント・テウトニコCampo Santo Teutonico)の付属墓地に葬られた。墓は彫刻家イェンス・アドルフ・イェリカウJens Adolf Jerichau)によってデザインされた。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • Albrecht Weiland: Der Campo Santo Teutonico in Rom und seine Grabdenkmäler. Band I, Herder, Freiburg im Breisgau 1988, ISBN 3-451-20882-2, S. 219 f