シャルル・ボネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Charles Bonnet

シャルル・ボネ(Charles Bonnet、1720年3月13日1793年5月20日)は、18世紀スイス博物学者哲学者である。博物学の分野では生物の発生についての先駆的な実験、考察を行った。後に哲学に転じた。

サン・バルテルミの大虐殺後、ユグノーであるゆえ宗教的迫害を受けフランスからスイスに逃れた家系の出身である。ジュネーヴに生まれた。同じく博物学者のアブラハム・トランブレーは従兄にあたる。スイスから出ることなく、1752年から1768年の間、共和国の評議会議員となった時期を除いて、社会的な活動を行うことはなかった。16歳の時にノエル=アントワーヌ・プルーシェの『自然の光景』("Spectacle de la nature")を読み、昆虫の生態に興味を持った。昆虫学者のルネ・レオミュールの著書も読み、自らも昆虫の観察を加えて1740年にアブラムシ(aphids)の「単為生殖」を確認した論文を科学アカデミーに送り、アカデミーの会員に選ばれた。

1741年からヒドラなどの生殖や再生の研究を始めた。1743年に王立協会の会員に選ばれた[1]。1745年に昆虫に関する発見を記述した最初の著書、Traité d'insectologieを出版した。1754年に植物学の著書Recherches sur l'usage des feuilles dans les plantesを出版した。その後、視力を失い哲学に転じた。1760年に視力障害者に特有な幻視の症状「シャルル・ボネ症候群 」の記述をした。

哲学の著書には『有機体論考』(Consideration sur les Corps organises,1762)、『自然の観照』(Contemplation de la Nature,1764)などがある。

主な著書[編集]

  • Traité d'insectologie (Paris 1745)
  • Recherches sur l'usage des feuilles dans les plantes (Göttingen und Leiden 1754)
  • Essai de psychologie, ou considérations sur les opérations de l'âme (London 1755)
  • Essai analytique sur les facultés de l'âme (Kopenhagen 1759)
  • Considérations sur les corps organisés (Genf 1762)
  • Contemplation de la nature (1764)
  • Œuvres d'histoire naturelle et de philosophie (Neuchâtel 1779-83, 9 Bände und 18 Bände)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Bonnet; Charles (1720 - 1793)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年5月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • Johannes Peter Müller: Über die phantastischen Gesichtserscheinungen. Jacob Hölscher, Koblenz 1826.
  • Klaus Reichert: Okkulte Neurologie?. In: Christian Hoffstadt, Franz Peschke, Andreas Schulz-Buchta (Hrsg.): Wir, die Mechaniker von Leib und Seele. Gesammelte Schriften Klaus Reicherts. Aspekte der Medizinphilosophie Bd. 4. Projektverlag, Bochum/Freiburg 2006, S. 51ff. ISBN 978-3-89733-156-3