ザ・コーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・コーポレーション
The Corporation
監督 マーク・アクバー
ジェニファー・アボット
脚本 ジョエル・ベイカン
原作 ジョエル・ベイカン
製作 マーク・アクバー
バート・シンプソン
製作総指揮 マーク・アクバー
出演者 ノーム・チョムスキー
ナオミ・クライン
マイケル・ムーア
ハワード・ジン
音楽 レオナルド・J・ポール
撮影 マーク・アクバー
ロルフ・カッツ
ジェフリー・M・ホフマン
カーク・トゥガス
編集 ジェニファー・アボット
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年6月4日
上映時間 145分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

ザ・コーポレーション』(The Corporation)は、カナダドキュメンタリー映画である[1]

特徴[編集]

この映画の"The Pathology of Commerce(ビジネスの病理)"の部では企業の行動特性に関するエピソードを紹介しその後に精神疾患診断基準のICD-10やDSM-IVという文字列とともに以下の例に示す特性との比較を表示することで企業のサイコパス性を強調している。

  1. Callous unconcern for the feelings of others (他者の感情に無関心)
  2. Incapacity to maintein enduring relation ships (継続的な関係を保てない)
  3. Reckless disregard for the safety of others (他者の安全を軽視)
  4. Deceitfullness: repeated lying and conning others for profit (利益のために他者に偽り騙すことを繰り返す)
  5. Incapacity to experience guilt (罪を感じることがない)
  6. Failure to conform to social norms with respect to lawfull behaviours (法的な社会規範に従えない)

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Silverman, Jason (2004年6月10日). “営利企業の終焉を予告する映画『ザ・コーポレーション』”. WIRED. 2013年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]