ザンドマイヤー反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザンドマイヤー反応は、銅(I)塩を用いて芳香族ジアゾニウムイオンハロゲン化物やシアン化物に変換する反応である。

塩化銅(I)臭化銅(I)シアン化銅(I)を用いて、それぞれ対応する塩化アリール、臭化アリール、芳香族ニトリルが得られる。

反応性などの問題から銅(I)以外の試薬を用いるケースもあり、これらを広義のザンドマイヤー反応に含む場合もある。ジアゾニウムイオンをテトラフルオロホウ酸で処理するとフッ化物が得られ(シーマン反応)、ヨウ化カリウムで処理するとヨウ化物を与える。同様に水やアルコールで処理すると、フェノール類やエーテル類が得られる。


反応式[編集]

反応式

反応機構[編集]

[要出典]
反応機構