ザンジバル革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Zanzibar-dec-1963-jan-1964.svg
Flag of Zanzibar (January-April 1964).svg
王国旗(上)と人民共和国旗(下)

ザンジバル革命(Zanzibar Revolution)とは、1964年1月12日ザンジバル王国で発生した革命である。この革命によりザンジバル革命政府の統治のもとでザンジバル人民共和国が成立し、ザンジバルタンガニーカの合併によるタンザニア連合共和国の成立につながった。

経過[編集]

ペンバ島に居住していた元帥を自称するジョン・オケロに率いられた300から600人とされる武装した黒人により僅か9時間で実行された。急襲された警察は速やかに武装解除され、主要な建物は制圧された。オケロはスルターンジャムシード・ビン・アブダラに家族を殺害して自殺するよう要求したが、スルターンは家族・政府閣僚と共に脱出し、イギリスへ逃れた。

このクーデターの後、17世紀以降にザンジバルに居住したアラブ系及びアジア系の少数民族に対する虐殺が発生、5000から12000と言われる数の犠牲者を出し、生き残った人々は財産の半分を没収されながらも出国した。この虐殺は、イタリアの映画監督グァルティエロ・ヤコペッティにより撮影され、1966年に公開されたドキュメンタリー映画「さらばアフリカ(Africa addio)」は、この虐殺を撮影した現存する数少ない記録の一つである。

外部リンク[編集]

ザンジバル&タンガニーカ(世界飛び地領土研究会)