サント・マリー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サント・マリー島の位置

サント・マリー島(Île Sainte-Marie)、またはマダガスカル語ノシ・ブラハは、マダガスカル北東部に浮かぶ島、都市。面積222km2、人口16325人(2001年)。インド洋に面する南北60km、東西10kmの細長い島で、マダガスカル島とは細い海峡によって隔てられ、ほぼ平行に伸びている。

地理と産業[編集]

サント・マリー島は一島で一市を構成している。中心地はアンブディフタチャ。トアマシナ州に属する。

サント・マリー島は西海岸のノシ・ベに次ぐマダガスカルの大リゾート地であり、ヨーロッパより多くのバカンス客が訪れる。サント・マリー島とマダガスカル本島の間の海峡は南極海よりやってくるザトウクジラが多く生息しており、鯨がやってくる7月から9月の冬季には島はホエール・ウォッチングの拠点となっている。また、サント・マリー島のラグーンサンゴ礁がよく発達し、インド洋随一のダイビングスポットとして名高い。リゾートホテルは島の南端に集中しているが、中央部にも何軒かのホテルが存在する。

サント・マリー島は本島からの距離とサンゴ礁という特殊性のため動物相も独特のものがあり、特にキツネザルランが著名である。かつてはマダガスカルカッコウという固有種も生息していたが、1834年に絶滅した。

歴史[編集]

サント・マリー島は、17世紀には海賊の拠点となっていた。静かな入り江と豊富な水と果物があり、さらにインド洋航路からさほど離れていない場所にあったため、拠点とするのに最適だったからである。キャプテン・キッドもこの島を拠点としていた[1]。この地に住みついたフランス人イギリス人の海賊たちは現地女性と通婚を繰り返し、やがて18世紀初頭にはイギリス人海賊と現地女性との間に生まれたラツィミラフという王が現れ、マダガスカル東部沿岸の諸都市を統一してベツィミサラカ王国を建国した。この王国は通商同盟の性格を持ち、ラツィミラフの死後王国は分裂するものの、支配下にあった人々は一つの民族としての連帯感を保ち続け、ベツィミサラカ人となった。[2] 島は、ラツィミラフの子孫が支配を続けた後、1750年に遺贈によりフランス領となった。


脚注[編集]

  1. ^ 「赤い島 物語マダガスカルの歴史」藤野幸雄 1997年6月30日初版 彩流社 p48
  2. ^ 「朝倉世界地理講座 アフリカⅡ』池谷和信、佐藤廉也、武内進一編、朝倉書店、2008年4月 p818