サイト・ファーイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイト・ファーイク
Sait Faik Abasıyanık
誕生 1906年11月18日
トルコの旗 トルコ アダパザル
死没 1954年5月11日(満47歳没)
職業 作家
国籍 トルコの旗 トルコ
主題 小説紀行ルポルタージュ翻訳
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サイト・ファーイクSait Faik Abasıyanık, 1906年11月18日 - 1954年5月11日)はトルコの作家。

アダパザル市の出身。裕福な材木商の家庭に育つ。1923年イスタンブルへ引っ越し、高等学校に入学するが、1925年にはブルサの学校へ転校。1928年イスタンブール大学文学部へ入学したのち、短篇小説を発表。大学中退後はグルノーブルパリマルセイユなどを転々とする。

1934年からトルコの文芸誌に寄稿をはじめ、イスタンブルで教職についたのち、最初の短篇集 Semaver を発表。事業に手を出すがうまくゆかず、父の死後はブルガズ島で母と暮らしつつ創作を続けた。作品は国際的に評価され、1953年にはマーク・トウェイン協会の名誉会員に選ばれるが、翌年に肝硬変により病没した。

イスタンブルを舞台とした短篇小説で高い評価を得ており、英訳の短篇選集が出ているほか、いくつかの作品が映像化されている。1955年には、母により「サイト・ファーイク短篇賞」が設立された。

主な著作[編集]

短篇集[編集]

  • Semaver (The Tea Urn) 1936
  • Sarnıç (The Fountain) 1939
  • Şahmerdan (The Serpent) 1940
  • Lüzumsuz Adam (The Unnecessary Man) 1948
  • Mahalle Kahvesi (The Café House) 1950
  • Havada Bulut (Cloud in the Sky) 1951
  • Kumpanya (The Circus) 1951
  • Havuz Başı (The Poolside) 1952
  • Son Kuşlar (The Last Birds)
  • Alemdağ'da Var Bir Yılan (There is a Snake in Alemdağ) 1953
  • Az Şekerli (Just a Bit of Sugar) 1954
  • 『イスタンブール短編集』 小山皓一郎編訳、響文社1997年。 - 日本版オリジナル。全集からイスタンブルを舞台とした28編を選んで訳出したもの。
    • ガルソン
    • サモワール
    • はしけ
    • ある恋の物語
    • 晴雨計
    • 裏町のカフェ
    • 四つのプラス
    • 公園の朝と夕べと夜
    • 一群の男たち
    • 物語を追って
    • 街を忘れた男
    • 無用の人
    • 独りごと
    • 噴水池のほとりで
    • アレムダーには蛇がいる
    • ピシ・ピシ
    • 司祭さま
    • カシュカダス島で
    • 最後の小鳥たち
    • 汽船
    • 探海灯技手
    • 地図上の点
    • 海辺の人びと
    • 海水浴場の鏡
    • あずまやの墓
    • シヴリアダの夜
    • ふたりの物語
    • ステリヤノス・フリソプロス号

長篇[編集]

  • Bir Takım Insanlar (A Set of People) 1944
  • Kayıp Aranıyor (Wanted) 1953

詩集[編集]

  • Şimdi Sevişme Vakti (Now, It is Time for Love) 1953

外部リンク[編集]