ゴットフリート・ベン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴットフリート・ベンのスケッチ

ゴットフリート・ベン(Gottfried Benn, 1886年5月2日 - 1956年7月7日)は、ドイツ表現主義文学の代表的な詩人。

西プロイセン・マンスフェルト(現ブランデンブルク州プトリッツの一部)の牧師の息子として生まれる。母はフランス系スイス人。当初は父の意向に随って神学・文献学をマールブルク大学、フリードリヒ・ヴィルヘルム大学(現ベルリン大学)で学んだが、その後志望を変更し、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム大学軍医養成大学で医学、生物学を学んだ。

1912年に卒業して軍医となり、同年に最初の詩集『モルグ』を発表。医学・生物的知識を活用したグロテスクな表現でセンセーションを起こした。第一次大戦中、1915年から17年まで軍医としてブリュッセルに滞在、ここで本格的に詩作を開始し、小説集『医師レンネ』(1916年)や、詩集『肉』(1917年)『瓦礫』(1924年)などを発表する。1933年から34年にかけて一時ナチスに傾倒し、これを賛美する論文を書くも、のちに誤りを悟り反ナチスの態度をとり、1938年に文学活動を禁じられた。1943年から1945年までドイツ国防軍に軍医として身を投じており、「貴族的亡命」と称したこの行動は反ファシズム陣営から批判を受けた。

戦後はベルリンで皮膚・性病科の開業医を営みしばらく沈黙していたが、1948年『静学詩篇』を刊行して復活し一躍世界的名声を獲得。現実から超越した形式・美学を追及し、若い世代にも影響を与えた。1956年、70歳の誕生日の2か月後にベルリンで死去。

参考文献[編集]

  • ゴットフリート・ベン 『ゴットフリート・ベン作品集』 内藤道雄、金子章訳、三修社、1972年