コンラート (ブルグント王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンラート平和王(Konrad der Friedfertige, 925年頃 - 993年10月19日)はブルグント王(在位:937年 - 993年)。ルドルフ2世とシュヴァーベン大公ブルヒャルト2世の娘ベルタの子。ブルグント王としてはコンラート1世、古ヴェルフ家ブルグント系当主としてはコンラート3世といわれる。

父ルドルフ2世の後を継いで937年ブルグント王となった。ザクセン朝の歴代皇帝とは良好な関係を保ち、その在位の間は比較的平和であった。

ブルグンド王位は、息子のルドルフ3世が継いだが、ルドルフ3世は1032年嗣子なく没し、ブルグント王国は娘ゲルベルガとシュヴァーベン大公ヘルマン2世との間の娘ギーゼラと結婚した神聖ローマ皇帝コンラート2世により、1033年神聖ローマ帝国に編入された。

子女[編集]

最初、アデラナという女性と結婚、2子をもうけた。

950年頃、西フランク王ルイ4世の娘マティルダと結婚した。

  • ゲルベルガ(965/966年 - 1019年) - 1.ヴェルル伯ヘルマン1世と結婚。2.シュヴァーベン大公ヘルマン2世と結婚。
  • ベルタ(965/967年 - 1010年) - 1.ブロワ伯ウード1世と結婚。2.フランス王ロベール2世と結婚(1000年離婚)。
  • マティルダ(969年 - ?) - ジュネーヴ伯ロベールと結婚。
  • ルドルフ3世(970年 - 1032年) - ブルグント王(在位:993年 - 1032年)