コルネリス・デ・ウィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドルトレヒトのデ・ウィット兄弟像
民衆に私刑にかけられ殺害されたデ・ウィット兄弟

コルネリス・デ・ウィット(Cornelis de Witt, 1623年6月15日 - 1672年8月20日)は、オランダネーデルラント連邦共和国)の政治家。ヨハン・デ・ウィットの兄。1672年にオラニエ公ウィレム3世(後のイングランドウィリアム3世)に対する反逆罪の嫌疑で訴えられ、弟のヨハンと共に民衆に私刑にかけられ殺害された。

生涯[編集]

ドルドレヒト市長として6選されたヤコブ・デ・ウィットを父として、ドルドレヒトの名門デ・ウィット家に生まれた。プッテンの知事、ドルドレヒトの市長、ホラント州の副総督などを歴任し、オランダ共和国指導者であった弟のヨハンを補佐する一方で、第二次英蘭戦争と第三次英蘭戦争に赴き、デ・ロイテル提督と共にメドウェイ川襲撃1667年)・ソールベイの海戦(1672年)で船に乗り込んで戦った。しかし1672年6月に傷病のため戦線を離れたコルネリスは、当時の政権を握っていた弟と共に民衆の憎悪の対象となった。背景には、英蘭戦争との海上封鎖でオランダ経済が疲弊したこと、フランスオランダ侵略戦争でオランダのほとんどを占領したことや、オラニエ=ナッサウ家支持者と共和派の対立があった。

1672年7月24日、理容師ウィレム・ティヒラーによりウィレム3世の暗殺を企てているとの嫌疑で訴えられ、逮捕された。裁判でコルネリスは無実を主張したが、理容師と面識がないと証言したことに対しては偽証の疑いがかかり、拷問にかけられることになった。コルネリスは拷問に耐えて自白を拒んだため、反逆罪については嫌疑不十分となったが、偽証罪で追放処分を受けることとなった。拷問による衰弱のため歩行困難となったコルネリスは弟を呼び出した。デ・ウィット兄弟がいることを知ってヘヴァンゲンポールト(現・ハーグ監獄博物館)を取り囲んだ民兵や群衆は、看守の制止を振り切って乱入し、兄弟を引きずり出して殺害した。

妻マリアとの間にウィルヘルミナという娘がおり、彼女は従兄弟にあたるヨハンの同名の息子と結婚した。