コバール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コバール(Kovar)はニッケルコバルトを配合した合金である。常温付近での熱膨張率が金属のなかで低く、硬質ガラスに近いので、硬質ガラス封着用にもちいられたり、ICリードフレームに用いられる。成分の例は重量%で Ni 29% 、Co 17%、Si 0.2%、Mn 0.3%、Fe 53.5%である。

物理的性質[編集]

物理的特性 焼結品 HIP品
密度 / g cm3 8.0 8.35
硬さ / HV1 160 150
ヤング率 / GPa 159 159
破断時の面積減少率 / % 30 30
降伏強さ / MPa 270 270
熱伝導率 / W/Km 17
キューリー点 / °C 435
電気抵抗率 Ω mm2 / m 0.49
比熱 J/gK 0.46
熱膨張係数/10-6 K-1 (25 – 200°C) 5.2
(25 – 300°C) 5.1
(25 – 400°C) 4.9
(25 – 450°C) 5.3
(25 – 500°C) 6.2

関連項目[編集]