ゲーム・プラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲーム・プラン
The Game Plan
監督 アンディ・フィックマン
脚本 ニコール・ミラード
キャスリン・プライス
原案 ニコール・ミラード
キャスリン・プライス
オードリー・ウェルズ
製作 ゴードン・グレイ
マーク・シアーディ
製作総指揮 リチャード・ルーク・ロスチャイルド
出演者 ドゥエイン“ザ・ロック”ジョンソン
マディソン・ペティス
音楽 ネイサン・ワン
撮影 グレッグ・ガーディナー
編集 マイケル・ジャブロウ
配給 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年9月28日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $147,880,543[1]
テンプレートを表示

ゲーム・プラン』(原題: The Game Plan)は、2007年アメリカで製作されたコメディ映画日本では劇場公開されずビデオスルーになった。

ストーリー[編集]

アメフトのスター選手であるジョーは、とても独善主義な性格で、それは試合においてもプライベートにおいても変わらなかった。

そんなある日、独身貴族として勝手気ままに暮らしていた彼の前に、娘だと名乗るペイトンが突然現れる。彼女は何年も前に離婚した元妻との間にできた子であり、母親がとある事情からしばらくアメリカを離れるため、その間の面倒を見てほしいと言うのだ。大切な契約の前でゴシップを恐れた彼は、仕方なく彼女の面倒を見ることにする。

だが、突然父親になってしまった彼は、娘に散々振り回されてしまい、数々の失態を晒してしまう。そんな娘との生活を送っていく内に、次第に彼は自分がいかに身勝手だったかを思い知っていく。しかし、娘との絆が深まっていったある日、彼女の伯母が引き取りにやって来る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョー・キングマン ドゥエイン“ザ・ロック”ジョンソン 楠大典
ペイトン・ケリー マディソン・ペティス 山内初音
モニーク・ヴァスケス ロズリン・サンチェス MAI
ステラ・ペック キーラ・セジウィック 唐沢潤
トラヴィス・サンダーズ モリス・チェストナット 石住昭彦
カイル・クーパー ヘイズ・マッカーサー 森川智之
ジャマール・ウェーバー ブライアン・ホワイト
クラレンス・モンロー ジャマール・ダフ
カレン・ケリー ペイジ・ターコー
タチアナ ケイト・ノタ

スタッフ[編集]

  • 監督:アンディ・フィックマン
  • 製作:ゴードン・グレイ、マーク・シアーディ
  • 製作総指揮:リチャード・ルーク・ロスチャイルド
  • 原案:ニコール・ミラード、キャスリン・プライス、オードリー・ウェルズ
  • 脚本:ニコール・ミラード、キャスリン・プライス
  • 撮影:グレッグ・ガーディナー
  • 音楽:ネイサン・ワン
  • 編集:マイケル・ジャブロウ

参考文献[編集]

  1. ^ The Game Plan”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]