ゲパール級大型駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲパール級大型駆逐艦
Guepard-1.jpg
ゲパール級(アメリカ海軍の識別用写真)
艦級概観
艦種 大型駆逐艦
就役開始 1929年8月13日
喪失 1945年
前級 シャカル級大型駆逐艦
次級 エーグル級大型駆逐艦
性能諸元
排水量 基準 2,436トン
満載 3,200トン
全長 130.2m
全幅 11.76m
吃水 4.03m
機関 64,000hp 2軸推進
ギヤードタービン4缶 2基
速力 35.5ノット
航続距離 3,450海里(巡航速度:14.5ノット)
乗員 209人
兵装 138mm砲 5門
37mm機関砲 4門
13mm機銃 4挺
550mm3連装魚雷発射管 2基
機雷・爆雷

ゲパール級大型駆逐艦 (Contre-Torpilleur de classe Guépard) は、フランス海軍が保有した大型駆逐艦。6隻が建造された。

シャカル級大型駆逐艦の改良型であり、新型の138mm砲を採用している。前期の艦名はシャカル級と同様に動物名に由来するが、後期の艦名は過去の会戦と元帥から採られている。

第二次世界大戦において、ビゾンが1940年5月のナムソスからの撤退作戦中に沈没、残る5隻は1942年11月27日にトゥーロンで自沈した。その後浮揚され、リオンとヴァルミがイタリア海軍によってFR21、FR24と命名された。

イタリア海軍では魚雷発射管を撤去し、37mm及び20mm機関砲を増設して高速兵員輸送艦として運用した。1943年9月9日にラ・スペツィアでFR21は自沈し、FR24はドイツ海軍に捕獲されたが、その後の1945年にジェノヴァで自沈した。

また、ゲパールは浮揚されたものの用いられることはなく、1944年3月11日に連合軍の空襲により失われた。

同型艦[編集]

艦名 就役 喪失
ゲパールGuépard 1929年8月13日 1944年3月11日戦没
ビゾンBison 1930年10月10日 1940年5月3日戦没
リオンLion 1931年1月21日 1943年9月9日自沈
ヴァルミValmy 1930年1月1日 1945年自沈
ヴェルダンVerdun 1930年4月1日 1942年11月27日自沈
ヴォーバンVooban 1931年1月9日 1942年11月27日自沈

参考図書[編集]

  • 世界の艦船増刊第17集 第2次大戦のフランス軍艦」(海人社)

外部リンク[編集]