ゲソ法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲソ法フランス語: Loi Gayssot)は、1990年に成立したフランスの法律。

概説[編集]

正式名称は LOI no 90-615 du 13 juillet 1990 tendant à réprimer tout acte raciste, antisémite ou xénophobe (人種差別,反ユダヤ主義その他の排外主義的行為を抑圧するための1990年7月13日法:90-615 号法)[1]。日本語ではゲソー法ゲッソ法 とも表記される。

フランス共産党所属の国民議会議員ジャン=クロード・ゲソの法案提出により、1990年7月13日に成立した。すべての人種差別的、反ユダヤ主義的、外国人排斥的行為を抑制し、ホロコースト否認や人種差別的言動を禁止している。


関連文献[編集]

  • 中井伊都子 「ゲッソ法事件」 『国際人権法学会報』 (9)、国際人権法学会、信山社、1998年6月

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]