ケース・ファン・バーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケース・ファン・バーレンKees van Baaren, 1906年10月22日 - 1970年9月2日)は、オランダ作曲家

エンスヘーデ出身。1924年からベルリンのスターン音楽院に留学して作曲ピアノを学んだ。1929年に帰国した後は、ウィレム・ペイペルに師事した。1953年にはユトレヒト音楽院の音楽監督となり、1958年にはハーグ王立音楽院の音楽監督に任命された。弟子にはルイ・アンドリーセンらがいる。

作風は初期は調性に基づいたものだったが、徐々に十二音技法を取り入れるようになっていった。

作品[編集]

  • ピアノとオーケストラのためのコンチェルティーノ(1934)
  • ピアノのためのソナチナ『ウィレム・ペイペルの思い出に』(1948)
  • フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、ヴァイオリン、コントラバスのための七重奏曲(1952)
  • 交響曲(1956)
  • オーケストラのための変奏曲(1959)
  • 弦楽四重奏曲(1962)
  • ピアノ協奏曲(1964)

文献[編集]

  • Hill, Jackson. 1970. "The Music of Kees van Baaren: A Study of Transition in the Music of the Netherlands in the Second Third of the Twentieth Century". DMA diss. Chapel Hill: University of North Carolina.
  • Kien., Hein. 1976. ‘The Composer Kees van Baaren: Towards a Revaluation of Sound Material’, Key Notes 4:4–18
  • Ryker, Harrison. 2001. "Baaren, Kees van". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.
  • Vermeulen, E. 1992. "Kees van Baaren's Antischool", Key Notes 26, no. 1:14–17.
  • Wouters Jos. 1971. "Kees van Baaren". In Negen portretten van Nederlandse componisten, Dutch Composers' Gallery, 71–87. Amsterdam: Stichting Donemus.
  • Wouters, Jos, and André Jurres (eds.) 1962. "Conversations with Dutch Composers: Kees van Baaren and Hans Henkemans". In Fifteen years Donemus, 1947–1962: Conversations with Dutch Composers / Gespräche mit niederländischen Komponisten, edited by Jos Wouters and André Jurres, translated by Ian F. Finlay (English) and Elisabeth Meter-Plaut (German), 50–59. Amsterdam: Stichting Donemus.