ウィレム・ペイペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィレム・ペイペルWillem Pijper1894年9月8日 - 1947年3月18日)は、オランダ作曲家

ユトレヒト近郊のゼイスト出身。ユトレヒト音楽院でヨハン・ワーヘナール作曲を師事。アムステルダム音楽院の教授を務め、1930年からその死までロッテルダム音楽院の講師も務めた。また音楽評論家としても活動した。

交響曲第1番(1917)ではグスタフ・マーラーの影響が顕著だったが、1919年から無調を取り入れ始めるようになり、作風に大きな変化が現れた。とはいえ、調性を完全に捨てることはなかった。

作品には3曲の交響曲ピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲チェロ協奏曲室内楽曲、ピアノ曲、声楽曲などがある。

文献[編集]

  • De quinten-cirkel, opstellen over muziek. Querido, Amsterdam, 1929.
  • De stemvork, opstellen over muziek. Querido, Amsterdam, 1930.
  • Willem Pijper : het papieren gevaar - Verzamelde geschriften (1917-1947). 2 dln. + register, bezorgd door Arthur van Dijk. MCN, Amsterdam, 2011. ISBN 978 90 6375 217 0

外部リンク[編集]