ケネス・パイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケネス・パイル(Kenneth B. Pyle、1936年-)は、アメリカ合衆国歴史学者政治学者。専門は、日本政治史。

ハーバード大学卒業後、1965年ジョンズ・ホプキンス大学で博士号取得。現在、ワシントン大学教授1974年学術雑誌 Journal of Japanese Studiesを創刊した。

受賞歴[編集]

1999年勲四等旭日中綬章

著書[編集]

単著[編集]

  • The New Generation in Meiji Japan: Problems of Cultural Identity, 1885-1895, (Stanford University Press, 1969).
五十嵐暁郎訳『新世代の国家像――明治における欧化と国粋』(社会思想社, 1986年)
  • The Making of Modern Japan, (Heath, 1978, 2nd ed., 1996).
  • The Japanese Question: Power and Purpose in a New Era, (AEI Press, 1992, 2nd ed., 1996). ISBN 978-0844737997
加藤幹雄訳『日本への疑問――戦後の50年と新しい道』(サイマル出版会, 1995年) ISBN 978-4377310528
  • Japan Rising: the Resurgence of Japanese Power and Purpose, (Public Affairs, 2007). ISBN 978-1586485672

編著[編集]

  • The Trade Crisis: How Will Japan Respond?, (Society for Japanese Studies, 1987).

共編著[編集]

  • From APEC to Xanadu: Creating a Viable Community in the Post-Cold War Pacific, co-edited with Donald C. Hellmannand, (M.E. Sharpe, 1997).

外部リンク[編集]