グングヌム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グングヌムGungunum、在位:紀元前1932年 - 紀元前1906年)は、古代メソポタミアラルサ王朝の第5代である。

来歴[編集]

前王ザバイア英語版の兄弟。グングヌム以前のラルサ王についてはザバイアの碑文が僅かに発見されている以外ほとんど分かっておらず、実際に5代目の王であったかははっきりしない。

グングヌムはイシンの王リピト・イシュタルウル市の支配権を争った。ウルは地理的にイシンよりラルサの方が近く、またイシンは北部で別のアムル人部族の圧力を受けていたために、最終的にウル市の維持を断念しラルサがウルの支配権を握った。旧ウル第3王朝の首都であり、交易拠点でもあったウル市の獲得はラルサにとって巨大な財産となり、以後イシンに対して優位な地位を占めていくことになる。グングヌムはウルの占領を誇り、「ウル王、シュメールアッカドの王」を名乗ってウル第3王朝の後継者としての立場を次第に鮮明にした。

更にウルクなど周辺の都市を占領して南部メソポタミアの支配権を確実なものとし、エラムへ遠征してこれを破った。

内政面では占領したウル市の復興、整備を進め、ディルムンとの交易に力を入れて財源の確保に腐心した。総じて大国としてのラルサの歴史は彼に始まると言える。

死後アビ・サレ英語版が跡を継いだ。