グレイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレイブの穂先

グレイブ: glaive)はの穂先を状にしたような形状の棹状武器中世の欧州で用いられた薙刀の類[1]の呼び名。グレイヴ。

概要[編集]

Guja Archa.jpg

グレイブは鋭く大きな剣状のを持つため、突くだけでなく切りつけたり振り回したりする使い方にも有用な武器である[2]。ただし穂先に幅があるため、スピアーなどのと比べると幾分重量がある[2]

グレイブはグラディウスラテン語: gladius)を語源にしており、13世紀ごろから使用が始まった。16世紀になると儀礼用としても使用されるようになり、見栄えのする大きな刃と豪華な装飾を備えた物が増えた。 ファルシオンに長柄を取り付けたという見解もある。

また、それとは別に18世紀末に起こったフランス革命で農民や庶民が牛刀や洋出刃(ようでば)などの肉切り包丁を棒の先に付け簡易の薙刀にしたものもグレイブと呼ぶ。これは、以降ナポレオン軍内において農民から有志を募った義勇軍(後に正規軍化)にもさらに大型化に改作・新作されたものが用いられた。

いずれの物も日本の薙刀に似た大きな刃を持つ形状の長柄武器である。西洋の書籍では、日本の薙刀をグレイブの一種に分類して紹介しているものもある[1]

刀身の背の部分にを設けているものもあり[1][2]、このように鉤や鍔をつけたグレイブはフォチャード英語: fauchard)、フォシャールフランス語: fauchard)とも呼ばれる。また、装飾を施した儀礼用のものにクーゼドイツ語: kuse)がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「棹状武器4」『武器 歴史,形,用法,威力』 ダイヤグラムグループ編、田村優・北島孝一訳、マール社1982年12月20日(原著1980年)、第19刷、62頁(日本語)。ISBN 4-8373-0706-X
  2. ^ a b c 「グレイブ|包丁状長柄武器」『武器屋』 Truth In Fantasy編集部編、新紀元社1991年12月24日、第3版、111頁。ISBN 4-88317-209-0
[ヘルプ]

関連項目[編集]