グスタフ・コーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グスタフ・コーン(Gustav Cohn, 1840年12月12日 - 1919年9月17日)は、ドイツ経済学財政学交通学者。社会政策的な立場を取る。

プロイセン王国西プロイセンのマリエンヴェルダー(現ポーランドポモージェ県クフィズィン英語版)に生まれる。ベルリン大学イェーナ大学で学び、1869年から1872年までリガ工科大学で、1875年からチューリッヒ大学教授をつとめる。

1873年にイングランドへ行き、1875年までイギリスにおける鉄道の歴史、経済学を研究し、Untersuchungen tither die englische Eisenbahnpolitik, 2 Vols. (Leipzig, 1874-1875) を著す。

1875年から1884年までチューリッヒ工科大学で、1884年から1919年までゲッティンゲン大学で教授職にあった。

著作[編集]

  • System der Nationalökonomie, 3 Vols. (Stuttgart, 1885-1898)
  • Finanzwissenschoft (1889)
  • Nationalökonomische Studien (1886)
  • Zur Geschichte and Politik des Verkehrswesens (1900)
  • Zur Politik des deutschen Finanz-, Verkehrs- und Verwaltungswesens (1905)
  • Volkswirtschaftliche Aufsätze (Stuttgart, 1882)
  • Göttingische Gelehrte Anzeigen (1880, i. 97-135)
  • Zur Fabrikgesetzgebung - Jahrbuch für Nationalökonomie (vol. xiii., No. 6), a review of government reports on factory legislation in Switzerland and Saxony
  • Jahrbuch für Gesetzgebung (x. 3), Eröterungen über die Fiskalische Behandlung der Verkehrsanstalten, Nationalökonomische Studien, Stuttgart, 1886.
  • System der Nationalökonomie, Finanzwissenschaft. (1889)
  • Über die Vereinigung der Staatswissenschaften mit den Juristenfacultäten - Jahrbuch für Nationalökonomie (vi., Jan., 1901)

参考資料[編集]