クルアン飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルアン飛行場
IATA:?-ICAO:WMAP
概要
国・地域 マレーシアの旗 マレーシア
設置場所 ジョホール州クルアン
空港種別 軍用
運営者 マレーシア陸軍第881航空隊
標高 45.7 m・150 ft
位置 北緯2度2分30秒
東経103度18分24秒
座標: 北緯2度2分30秒 東経103度18分24秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
05/23 ? 1,250×37×? 草地
リスト
空港の一覧

クルアン飛行場 (Kluang Airfield)とは、マレーシアジョホール州クルアンにあるマレーシア陸軍飛行場である。

概要[編集]

クルアン中心部から北西へ約2kmに位置する。

  • 航空管制:マレーシア陸軍第881航空隊
  • 運用時間 (MST) :
月曜~木曜:7:30~18:30
金曜:7:30~13:00、14:00~18:30
土曜:7:30~12:30
日曜・祝日:閉鎖

沿革[編集]

1940年に、英領マラヤ軍によって設置された。

第2次世界大戦時、英領マラヤの中で最後に日本軍によって陥落した飛行場である。日本軍は、シンガポールからスマトラへの空襲基地として使用した飛行場で、1995年に、マレーシア空軍からマレーシア陸軍航空隊に移管された。

外部リンク[編集]