クメンヒドロペルオキシド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クメンヒドロペルオキシド
クメンヒドロペルオキシドの構造クメンヒドロペルオキシドの球棒モデル
IUPAC名 2-ヒドロペルオキシ(2-プロピル)ベンゼン
2-フェニル(2-プロピル)ヒドロペルオキシド
別名 α-クメニルヒドロペルオキシド
α,α-ジメチルベンジルヒドロペルオキシド
分子式 C9H12O2
分子量 152.19
CAS登録番号 [80-15-9]
密度 1.05 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 5.4(空気 = 1)
融点 -10 °C
沸点 62-64 °C/0.01 mmHg[1]
SMILES C[C@@](C)(OO)C1=CC=CC=C1

クメンヒドロペルオキシド (cumene hydroperoxide、CHP) は有機の過酸化物の一種で、示性式は C6H5C(CH3)2OOH。CAS登録番号 [80-15-9]。

無色または黄色の液体である。ラジカル反応の開始剤として用いられるほか、クメン法によりベンゼンプロピレンからフェノールアセトンを合成する際の中間生成物、またプロピレンオキシド合成における酸化剤(住友化学 単産法[2])として工業的に重要な物質である。可燃性であり、79℃ 以上では爆発することがある。150℃ 以上で分解し、爆発の危険がある。強力な酸化剤であり、還元性物質や可燃性物質と容易に反応する。皮膚、粘膜に対して強い腐食性を示し、霧状のものを誤って吸引すると肺水腫の原因となる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Walling, C.; Chang, Y.-W. J. Am. Chem. Soc. 1954, 76, 4878-83.
  2. ^ 辻 純平, 山本 純, 石野 勝, 奥 憲章, "プロピレンオキサイド新製法の開発", 住友化学, vol.2006-I, 4-10 (2006). [1]