クエン酸鉄アンモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クエン酸鉄アンモニウム
識別情報
CAS登録番号 1185-57-5 チェック
PubChem 3080636
ChemSpider 2338386 チェック
EINECS 214-686-6
ChEMBL CHEMBL1200460 ×
ATC分類 V08CA07
特性
化学式 C6H5+4yFexNyO7
モル質量 不定
外観 赤褐色粉末
危険性
MSDS [1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クエン酸鉄アンモニウム(Ammonium ferric citrate)は、pH調整剤として用いられるE番号E381の食品添加物である。水に非常に溶けやすい緑色又は赤褐色の粉末である。

クエン酸鉄アンモニウムの分子式は変わりうる。水酸化鉄(III)をクエン酸アンモニアの水溶液に加えることででき[1]、赤褐色のものは、約9%のアンモニア、16.5-18.5%の鉄、65%の水和クエン酸で構成され、緑色のものは、約7.5%のアンモニア、14.5-16%の鉄、75%の水和クエン酸で構成される。緑色のものは、赤褐色のものよりも光によってより早く還元される[2]

クエン酸鉄アンモニウムのその他の用途には、水の純化や現像がある。金や銀のような低活性の金属塩の還元剤として用いられ、フェリシアン化カリウムとともに青写真の現像に一般的に用いられる。クリグラー鉄寒天培地の成分として、微生物が生成する硫化水素を検出するためにも用いられる。

クエン酸鉄アンモニウムは、スコットランドの炭酸飲料であるアイロン・ブルーに含まれる[3]。医療においては、クエン酸鉄アンモニウムは造影剤として用いられる。また、造血薬としても用いられる[2]

出典[編集]