ギヨーム12世 (オーヴェルニュ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギヨーム12世Guillaume XII d'Auvergne, 1303年頃 - 1332年8月6日 ヴィック=ル=コント)は、フランスオーヴェルニュ伯およびブローニュ伯(1325年 - 1332年)。ロベール7世伯とその最初の妻でクレルモン伯ロベールの娘であるブランシュ・ド・ブルボン(1281年 - 1304年)の間の一人息子。

1325年、フィリップ4世王の異母弟の1人エヴルー伯ルイの娘マルグリット・デヴルー(1307年 - 1350年)と結婚し、間に一人娘をもうけた。

他には妾腹の男子にボードラン(1321年 - ?)がおり、サルラン(Sarlant)の領主となった。ギヨーム12世は約500年に渡り続いてきたオーヴェルニュ伯家において、初めて嫡出の男子のいない当主となった。ギヨームは後継ぎには異母弟たちではなく、娘のジャンヌを選んだ。

先代:
ロベール7世
オーヴェルニュ伯
ブローニュ伯
1325年 - 1332年
次代:
ジャンヌ1世