キンラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンラン
Cephalanthera falcata 1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ラン目 Orchidales
: ラン科 Orchidaceae
: キンラン属 Cephalanthera
: キンラン C. falcata
学名
Cephalanthera falcata (Thunb.) Blume (1859)
和名
キンラン(金蘭)

キンラン金蘭Cephalanthera falcata)はラン科キンラン属多年草で、地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する[1]

特徴[編集]

山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、高さ30-70cmのの先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の総状につける。花は全開せず、半開き状態のままである。花弁は5枚で3裂する唇弁には赤褐色の隆起がある。狭楕円形状で長さ10cm前後、縦方向にしわが多い。柄は無くを抱き、7、8枚が互生する。

性質に関して[編集]

キンランの人工栽培はきわめて難しいことが知られているが、その理由の一つにキンランの菌根への依存性の高さが挙げられる。

多くのラン科植物の場合、菌根菌(ラン科に限ってはラン菌という言葉も習慣的に用いられる)はリゾクトニアなどの、落ち葉や倒木などを栄養源にして独立生活している腐生菌である。 ところがキンランが依存している菌は腐生菌ではなく、樹木の根に外菌根を形成する樹木共生菌である。外菌根菌の多くは腐生能力を欠き、炭素源を共生相手の樹木から供給されているため、その生存には共生関係を成立させうる特定種の樹木が必要不可欠となる。そのような菌から栄養分を吸収しているキンランは、樹木の作った栄養を、菌を通じて間接的に摂取しながら生きているとも言える。

ラン科植物は多かれ少なかれ菌類から炭素源(糖分など)や窒素源(アミノ酸など)、その他のさまざまな栄養分を供給されている。菌への依存度はランの種類によって異なり、成株になれば菌に頼らなくても生きていける種類(独立栄養植物=栽培できる有葉ラン)から、生涯を通じてほとんどすべての栄養分を菌に依存する種類(菌従属栄養植物=いわゆる腐生ラン)までさまざまな段階がある。本種の菌依存度は独立栄養植物と菌従属栄養植物の中間(混合栄養性植物)で、坂本らの調査[2]によれば本種は炭素源の34~43%、窒素源の約49%を菌から供給されており、同属のギンランでは炭素源の48~59%、窒素源の90%以上と、さらに高い依存度を示している。

このような性質から、キンラン属は菌類との共生関係が乱された場合、ただちに枯死することは無いが健全な生長ができなくなり、長期間の生存は難しくなる。自生地からキンランのみを掘って移植した場合、多くの場合は数年以内に枯死する。同様の例はアルブトイド菌根に依存するイチヤクソウ科植物にもみられる。

理論上は菌根性樹木・菌根菌・キンランの三者共生系を構築すれば栽培が可能である。しかし自然環境中に存在する外菌根菌は一種類ではないため、単純にキンランと樹木を寄せ植えにしても、その樹木にキンランと共生関係を成立させうる特定種の外菌根菌が共生していなければ意味は無い。さらに雑菌の侵入しやすい解放環境下では環境変動によって菌交代がおこりうるので、鉢植えのような不安定な条件下で、特定菌との共生系を安定して維持することはきわめて難しい。人工環境下においても外菌根菌の人工培養は難易度が高く、樹木に接種して外菌根を人工的に作ることも高度な技術を要する。現在のところ、一般家庭レベルの技術で共生栽培を成功させる手法は確立されていない。

分布[編集]

中国朝鮮半島北海道を除く日本各地に分布する。

保全状況[編集]

元々、日本ではありふれた和ランの一種であったが、1990年代ころから急激に数を減らし、1997年絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト)として掲載された。また、各地の都府県のレッドデータブックでも指定されている[3]

同属の白花のギンラン(学名:C. erecta)も同じような場所で同時期に開花するが、近年は雑木林の放置による遷移の進行や開発、それに野生ランブームにかかわる乱獲などによってどちらも減少しているので、並んで咲いているのを見る機会も減りつつある。

参考文献[編集]

  1. ^ 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』 秀和システム2006年11月5日ISBN 4-7980-1485-0
  2. ^ 『日本産キンラン属における共生菌の多様性および共生菌への栄養依存度の解明』(坂本裕紀ら、第11回アジア太平洋蘭会議・蘭展 沖縄大会 講演要旨集 2013年)
  3. ^ キンラン日本のレッドデータ検索システム