キナバル山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キナバル山
MtKinabalu view from kundasan.jpg
クンダサンより仰ぐキナバル山 (2005年6月撮影)
標高 4095.2 m
所在地 マレーシアの旗 マレーシア
サバ州
位置 北緯6度05分 東経116度33分座標: 北緯6度05分 東経116度33分
初登頂 1858年
キナバル山の位置(ボルネオ島内)
キナバル山
キナバル山
キナバル山の位置(ボルネオ島
キナバル山の位置(マレーシア内)
キナバル山
キナバル山
キナバル山の位置(マレーシア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

キナバル山(キナバルさん、マレー語: Gunung Kinabalu, : Mt.Kinabalu)は、ボルネオ島北部、マレーシア領のサバ州にあるである。標高 4,095.2mはマレーシアの最高峰である。

概要[編集]

キナバルとは、マレー語でキナは中国、バルは未亡人の意味。キナバル山付近には、中国の王子とその未亡人の伝説も残っている。広東の漁師兄弟が台風で遭難、当地に漂着し、現地妻を娶った後、兄がホームシックで北上航海に出たが その後音信が途絶え、現地に残された妻がこの山にのぼってマレーへ帰る船影をさがしたという伝説も伝わる[1]。実際にはアキ・ナバル(祖先の霊る山)がなまってキナバルになったという説が有力である。

1851年、プラントハンターのヒュー・ローによって初登頂を果たされる。ヒュー・ローは76種の新種の植物を採取した。世界でも有数の生物多様性に富み、6000種以上の植物と100種以上の哺乳類が確認されている[2]。山頂には、花崗岩による独特の岩場が広がっている。また山の麓は、熱帯雨林特有のジャングルとなっている。熱帯雨林から高山帯までの特異な動植物が数多く存在している。山麓のジャングルでは、世界最大の花とも言われるラフレシア、食虫植物として有名なウツボカズラが原生している。

山域は、キナバル自然公園として、ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録されている。

キナバル山のあるサバ州の旗には、キナバル山が描かれている。

地質[編集]

1千万年前に溶岩が固まって現在のキナバル山が造られた。溶岩は花崗閃緑岩で、地下深部から超塩基性岩や堆積岩を貫いて上昇した。上昇に伴い山体が大きく変形した。中腹に蛇紋岩が存在する。1万年前までの氷河期には山頂付近に氷河が存在し、花崗閃緑岩を削り滑らかな岩肌にしたと考えられる。山は現在でも1年に5㎜隆起している。

頂上

登山[編集]

コタ・キナバル発で、3,400m付近の山小屋に1泊。翌日早朝に登頂してご来光を拝み、その日の内に下山する1泊2日の登山ツアーが一般的である。登山に当たり高度は高いが技術的に難しい所は無い。2004年現在、入山届提出、入山料の支払いおよびガイドの随行が義務化されている。また、下山時に公園事務所で登頂認定書を有料で発行してもらうことができる。

交通[編集]

コタキナバルの北部郊外にあるイナナンバスターミナル(北部バスターミナル)よりサンダカン行きのバスに乗り、約2時間程でキナバル公園の管理事務所付近に到着する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]