ガリレオ・ガリレイ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Субмарина Archimede.jpg
アルキメーデ級の艦形図
艦歴
発注 トシ社タラント造船所
起工 1931年10月15日
進水 1934年3月19日
就役 1934年10月16日
退役
その後 1940年6月19日イギリス海軍に鹵獲後、1942年から潜水艦「X-2」として就役。1946年除籍後解体処分。
除籍
性能諸元
排水量 水上:970トン
水中:1,239トン
全長 70.5m
全幅 6.87m
吃水 4.12m
機関 水上:トシ式ディーゼル機関2基
水中:マレリ式電気モーター2基
2軸推進
最大出力 水上:3,000hp
水中:1,100hp
最大速力 水上:17.0ノット
水中:7.7ノット
航続距離 8ノット/10,500海里
燃料 重油:-トン
乗員 55名
兵装 OTO 1927年型 10cm(43口径)単装速射砲2基
1931年型 13.2mm(75.7口径)単装機銃2丁
53.3cm水中魚雷発射管単装8門(前部4門、後部4門)

ガリレオ・ガリレイ (Galileo Galilei) は、イタリア海軍潜水艦アルキメーデ級

艦歴[編集]

1931年10月15日起工。1934年3月19日進水。同年10月16日竣工。

スペイン内戦に参加。その後紅海に配備される。

1940年6月にイタリアは第二次世界大戦参戦し、1940年6月にガリレオ・ガリレイは他の潜水艦と共にマッサワから出撃した。

1940年6月16日、ノルウェーのタンカー「ジェームス・ストーブ (James Stove) 」をアデン沖で雷撃し撃沈するも、同船を護衛していた英軍駆潜艇(艦名不明)より爆雷攻撃を受け、蓄電池、排水ポンプ、補助機関を破損。電池破損と浸水により艦内に塩素ガスが発生し、乗員の大半が体調不良に陥る。英軍駆潜艇を振り切った後、換気の為に水上航行を強要される。

6月18日、ユーゴスラビア船「ドラバ (Drava) 」を停船させる。

6月19日、水上航行中、英軍のものと思われる航空機を発見。潜行してやり過ごすが、前述した機器の故障や塩素ガスの問題は全く解決していなかった為、艦内環境は悪化し続けた。航空機が去ったのち、水上航行に戻るが、大した間を置かずに英軍の武装トロール船ムーンストーンを発見。やり過ごす為に潜行するも、発見され爆雷攻撃を受ける。再度の潜行で艦内環境が限界に達した為、やむを得ず浮上して砲戦を挑んだが、砲員、機銃員は体調不良のため弾はまったく命中しなかった。逆にムーンストーンからの10cm砲弾が艦橋を直撃し、艦長含め士官のほとんどが戦死した。指揮を執れる者がいなくなった為、乗員の一人が艦橋上でシーツを振り回し、ムーンストーンに降伏の意を伝えた。駆逐艦カンダハーによってアデンに曳航される。

1942年にガリレオ・ガリレイはイギリス海軍の潜水艦X2となる。1946年1月1日に除籍後、解体処分された。

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第20集 第2次大戦のイタリア軍艦」(海人社)