カンダハー (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Italian Submarine Galileo Galilei.jpg
艦歴
発注
起工 1938年1月18日
進水 1939年3月21日
就役 1939年10月10日
退役
その後 1941年12月19日に触雷
除籍
性能諸元
排水量 1,760トン
満載:2,400トン
全長 339½ ft p/p; 356½ ft o/a
全幅 35¾ ft
吃水 9 ft (2.7 m) ; 12 ft deep
機関 アドミラルティ・ボイラー2基
パーソンズ式減速タービン、2軸推進、40,000 shp (27,000 kW)
最大速 36ノット
乗員 218名
兵装 119mm(4.7 in) Mark XII 連装砲(CP Mk.XIX 砲塔)3基
4連装 QF 2ポンド Mk.VIII 対空砲 4基
4連装 QF 0.5インチ Mk.III 対空砲 2基
533mm(21 in)5連装魚雷発射管 2基

カンダハー (HMS Kandahar, F28) はイギリス海軍駆逐艦K級

艦歴[編集]

1938年1月起工[1]。1939年3月21日進水[1]。1939年10月10日就役[1]

1940年5月、カンダハーは駆逐艦カルトゥームキングストンキンバリーと共に紅海に配備されることになり、5月24日にアレクサンドリアを離れて5月28日にアデンに着いた[2]。ノルウェーのタンカーがイタリア潜水艦ガリレオ・ガリレイによって撃沈されるとカンダハーはスループショアハムとともにその捜索に派遣された[2]。6月19日にトローラームーンストーンの攻撃でガリレオ・ガリレイが降伏すると、カンダハーはガリレオ・ガリレイをアデンへ曳航した[2]。カンダハー、キングストン、カルトゥーム、ショアハムは6月21日にイタリア潜水艦エヴァンジェリスタ・トリチェリを攻撃し損傷させる[3]。この4隻は6月23日に再びエヴァンジェリスタ・トリチェリを攻撃し撃沈した[4]

1940年8月、カンダハーはベルベラからの撤退作戦に参加し、8月18日にはイタリア軍の戦車を砲撃した[5]。カンダハーは11月7日に修理のためボンベイへ向かい、12月7日に修理から戻った[6]。1941年2月、イタリア領ソマリランドへの侵攻作戦(キャンバス作戦)に参加[7]。続いて3月に実行されたベルベラ奪回作戦(アピアランス作戦)に参加[7]。また、同月末にはマッサワからの脱出を試みたドイツ船Bertram Rickersを捜索し、3月31日にカンダハーによって発見されるとBertram Rickersは自沈した[7]。紅海からイタリア海軍の脅威が無くなると、カンダハー、キングストン、キンバリーは地中海艦隊へ移ることになり、カンダハーは4月13日にアレクサンドリアへ到着した[8]


1941年12月15日、補給物資を積んだ輸送船ブレコンシャーがマルタへ向けアレクサンドリアから出発した。そして、その護衛のためアレクサンドリアからはフィリップ・ヴィアン少将が率いる部隊が出撃した。マルタからもK部隊と第4駆逐群が出撃し、それに続いて軽巡洋艦ネプチューンと駆逐艦ジャガー、カンダハーも出撃した[9]。ヴィアンの部隊とK部隊は合流後、北アフリカへ向かう船団を守るため出撃していたイタリア艦隊と遭遇し、第1次シルテ湾海戦が発生した。B部隊は海戦翌日の12月18日にK部隊と合流し、ブレコンシャーを護衛して同日中にマルタに到着した[10]。だが、北アフリカへ向かったイタリア船団のうちトリポリへ向かった3隻は掃海作業が終わるまで港外で待機していたため、これを攻撃するため同日中にカンダハーは軽巡洋艦ネプチューンオーロラペネロピランスライヴリーハヴォックともにマルタから出撃した[10][11]。12月19日3時にトリポリ沖に到着したが、そこでオーロラ、ネプチューン、ペネロピ、カンダハーが触雷し、ネプチューンは沈没[10]。カンダハーは艦尾が破壊されて操艦不能となり漂流した[12]。午後、マルタから派遣された駆逐艦ジャガーが到着し157名が救助されたが、55名が行方不明となった[12]。その後カンダハーの処分が決定され、12月20日朝にジャガーから魚雷1本が打ち込まれカンダハーは沈んだ[12]

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Kelly's, p.216
  2. ^ a b c The Kelly's, p.105
  3. ^ The Kelly's, p.106,ただし、この本では潜水艦の艦名はLuigi Tricelliとなっている
  4. ^ The Kelly's, p.106
  5. ^ The Kelly's, p.108
  6. ^ The Kelly's, p.109
  7. ^ a b c The Kelly's, p.110
  8. ^ The Kelly's, p.111
  9. ^ Struggle for the Middle Sea, p.156
  10. ^ a b c Struggle for the Middle Sea, p.159
  11. ^ The Royal Navy and the Mediterranean, Volume II:November 1940-December 1941, p.223
  12. ^ a b c The Kelly's, p.129"

参考文献[編集]

  • Christopher Langtree, The Kelly's: British J, K and N Class Destroyers of World War II, Nval Institute Press, 2002, ISBN 1-55750-422-9
  • Vincent P. O'Hara, Struggle for the Middle Sea, Naval Institute Press, 2009, ISBN 978-1-59114-648-3
  • The Royal Navy and the Mediterranean, Volume II:November 1940-December 1941, Frank Cass Publishers, 2002, ISBN 0-7146-5205-9