カール・ジークムント・フォン・ホーエンヴァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ホーエンヴァルト

カール・ジークムント・フォン・ホーエンヴァルト伯爵ドイツ語: Karl Sigmund von Hohenwart, Graf von Gerlachstein1824年2月12日1899年4月26日)は、オーストリアオーストリア=ハンガリー二重帝国)の貴族政治家首相を務めた。

経歴[編集]

1824年ウィーンカトリック信者の保守的なドイツ系貴族の家に生まれる。当時二重帝国支配下にあったKrain(現スロヴェニア)およびトレンティーノ(現イタリア)で行政官を務めたのち、1868年オーバーエスターライヒ州知事となる。

1871年2月6日皇帝より首相に任命された彼は、経済学者アルベルト・シェフレAlbert Schäffle)を商務相に任命し、保守的連邦主義者としてベーメン領邦議会連邦化要求に対応しようとした。同年10月10日ベーメン領邦議会では「聖ヴァーツラフ王冠」と称される3つの所領地(ベーメン・モラヴィアシレジア[1]を管轄する議会を帝国議会とは別に設置し、ベーメン行政府に広範な自治を認めるなどの内容を含む「基本法」「民族法」「選挙法」の3法を成立させており、これは帝国を(オーストリアハンガリーによる二重制から)三重制に転換することを求めるものであった。彼らの要求に応え、チェコ人とのアウスグライヒを実現しようとしたホーエンヴァルトは、二重帝国内でのハンガリー人の地位低下を危惧するハンガリー首相ジュラ・アンドラーシからの激しい反対に直面し、また皇帝フランツ・ヨーゼフ1世もアンドラーシに同調したことから、3法は(二重帝国)共通閣僚会議の承認を得ることは出来ず、破棄された。このためホーエンヴァルトは10月30日、首相を辞任した。

彼は首相辞任後も政治に影響力を持ち続け、1879年保守派貴族のエドゥアルト・ターフェが首相に任命されると、彼はカトリック保守派の領袖としてターフェのいわゆる「鉄の環」政権に協力した。1899年没。

参考文献[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現在のチェコにほぼ相当する地域である。
先代:
アルフレート・ポトツキ
オーストリアの首相
1871年
次代:
ルートヴィヒ・ホルツゲタン